夫との関係、義実家との付き合い、仕事やキャリア、ママ友などの人間関係……。毎日がんばって生きていると、悩みは尽きませんよね。そんなお悩みに、専門家がアドバイス。

今回は義父の長話に困っている「レモン」さんのお悩みです。

昔の「やんちゃ話」を自慢気に話す義父。もう聞きたくない!【お悩み相談】 画像(1/1)  

◆相談者プロフィール

レモン(30歳女性)

家事と育児の合間に録画しているドラマを見ては、泣いて笑って癒されている専業主婦です。


お悩み相談

義実家から車で2時間ほどの所に、主人(30歳)と3人の子どもと一緒に住んでいます。GWや夏休みなどにはみんなで義実家に帰省して泊まるのですが、そのたびに義父(57歳)が延々と話をしてくるので、最近しんどくなってきてしまっています。


義父は見た目が怖い方で、その見た目の通り昔は結構やんちゃをしていたそう。ケンカした話をそのときはこんな状況で勝ったなどすごく自慢気に長々と話してきます。

また、義父は義母の姉の友人で、ケンカの手当てなどをしていて義母との縁もできたようで、そのときのケンカはこんなだった、それで義母と出会ったなど、一から十まで全部話してきます。


義父は接客業をしているので話し上手で聞きやすいのもあり、最初の頃は私の世界にはなかった出来事で興味もあり楽しく聞けていました。ですが、数年間たつと同じ話も多く、最近では「またかー。もうそういうのは聞きたくないなー」とうんざりしてしまっています。きっと昔ほどの反応も私は返せておらず、周囲の人は「聞きたくないんだな…」と感じてくれていると思うのですが、当の本人は私の反応にはお構いなしなようで、楽しそうに喋り続けてきます。

義母や主人は、一切義父の話を聞く気がなく、自分たちの好きなようにして過ごし、私が捕まっていても助けてくれません。時々、子どもを理由に逃げるのですが、少しすると呼ばれまた聞かされる状態です。


現在4人目を妊娠中だということもあり、幼い子どもやお腹の中にいる子どもに争いごとを自慢気に話しているのを聞かせたくない気持ちもあります。義父が普段そういう話を話せる相手がいなくて、話を聞いてくれる私の帰省を喜んでくれていることも分かるため、邪険にはできず…。義父に対してどう言えばいいか悩んでいます。



過去よりも現在進行形の話題を振ってみましょう

人の自慢話は、特に繰り返されるものほど辛いものですよね。武勇伝を語ることで、まだ自分はあの頃のように強くて憧れられる存在だと思ってほしいのでしょうが、語るほど周りの反応は冷たいものになってしまいます。


しかし、お義父さんは、あなたはまだ聞いてくれると嬉しくて仕方がないようです。それなら昔の話ではなく、今の話題はどうでしょうか? 何かお義父さんの趣味や尊敬できること、すごいと思ったことはありませんか? それらの話題をこちらから振ってみましょう。

接客業での出来事やお義父さんが興味をもっていそうなことなど、本人が話しやすい話題ならきっと話も進むでしょう。


また、本人があまり気づいていないけれどすごいと思ったことなどをこちらから話してあげると、昔の武勇伝よりも今の話題に移行しやすいかもしれません。過去の話をしなくても、今の自分も輝いていると気づけば、次第にケンカの話は収まるのではないでしょうか。


◆回答者プロフィール

白蓮千沙(はくれん・ちさ)

1977年生まれ。日本プロカウンセリング協会1級心理カウンセラー。有保育士免許。