マンガやアニメを原作とする2・5次元舞台で大人気の実力派俳優・黒羽麻璃央さん。

そんな彼のドキッとするような、飾らない素顔に「レタスクラブ」が迫ります。


黒羽麻璃央が彼氏だったら…「自分の手で形に残るものを作ってみたかったんです」〜陶芸1〜 画像(3/3) レタスクラブの大人気連載「もっとそばにおいでよ」

自分の手で形にを残るもの作ってみたかったんです


今回から、僕がいろんなことに挑戦して、その様子をお届けすることになりました。

記念すべき最初のチャレンジは、前からやってみたいと思っていた陶芸!


自分の手で形に残る何かを作るって、今まであまりやってこなかったので、挑戦してみたかったんです。

山奥へ行ってやるのかと思いきや、東京・表参道で陶芸体験ができるなんてびっくりしました。


まずは「菊練り」という、粘土を回転させるようにして練っていきます。

簡単そうに見えるけど、体重をかけて何回も練るのは結構たいへんでしたね。


次回はろくろで器を作っていきます!


黒羽麻璃央が彼氏だったら…「自分の手で形に残るものを作ってみたかったんです」〜陶芸1〜 画像(4/3) 今回は初の陶芸にチャレンジしてくれた黒羽さん


●くろば まりお

1993年7月6日生まれ。「正月といえば、焼いたおもちにのりを巻いて砂糖じょうゆで食べるのが好きですね。

うちのお雑煮は、しょうゆベースのお吸い物みたいな感じ。

三つ葉やかまぼこ、とり肉が入っていたと思います」



Tシャツ¥5,500/HOLLYWOOD RANCH MARKET tel.03(3463)5668 エプロン/スタイリスト私物



撮影/カキモトジュンコ  スタイリング/渋谷美喜 ヘア&メイク/泉脇 崇(Lomalia)取材・文/中島文華 取材協力/彩泥窯 デザイン/monostore


【レタスクラブ 1月号掲載】