力みなぎる希望の朝、過去問を解いてみた…が ただの主婦が東大目指してみた(20)

#くらし 


とりあえず、文科系に必要な28年度の前期試験の問題をひととおり印刷した。

得意科目で散々な結果だったら、ショックすぎるから……

ちょっと苦手な数学から始めるか。

……解けそうなやつをとりあえずやってみるか。


昔得意だったはずの微分積分ですら、完問できそうにないぞ。

……ちょっとスマホでヒントを見よう。まだ受験生1日目だし。

……は?


アラサーになって脳みそが老化してるから? 問題が難しすぎるから?

1時間も集中すると頭がぼんやりしてくる。

……やめだ。

ぼうっとしながら勉強しても全く身につかないし、まだ受験生1日目だし。

さ、仮眠をとってリフレッシュしよう。


そしてその日は引越しの準備も全くせず、数学の大問3の(2)まで解いて終わってしまった。

くずピッピに付ける薬は、志や夢じゃないようだ。

残り少ない貴重な一日だったのに。

思い返してしばいてやりたくなったよ。

著=ただっち/「ただの主婦が東大目指してみた」(フォレスト出版)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)