住宅ローン控除13年は2020年12月入居まで! こんな時だから、家族でじっくり「家」について考えてみよう

#くらし 


いつかは自分の家を持ちたい…、でもお金の知識をはじめ、考えたり相談することが多くて大変そう…。そんな方たちはぜひ、家族で話し合ってみては? 今、制度的にはチャンスといえる要件がそろっているんです。

住宅ローン控除では、年末のローン残高の1%が10年間にわたり所得税や住民税から控除されます。上限は年間40万円(長期優良住宅などは50万円)、10年間で最大なんと400万円(同500万円)。その年の所得税から控除され、控除しきれない分は翌年の住民税から控除される仕組み。この控除期間が、増税を機に13年間に延長されました。対象となるのは、2020年12月末までに入居するケース。

消費税増税後の支援策が12月までは生きている!


11年目以降の控除額は「①建物価格の2%×1/3」と「②年末ローン残高の1%」を比較し、低い方が適用されます。例えば、3000万円の住宅を購入し、2000万円の住宅ローンを組んで毎年100万円を返済する場合、1年目のローン残高は1900万円なので、控除額は19万円となります。11年目の①は3000万円×2%×1/3=20万円、②は900万円×1%=9万円なので、低い方の9万円が控除額。けっこうな金額です!

※概算であり、金利や家族構成などによって変動する。


また、今有利になっている制度としてもうひとつ、親や祖父母(直系尊属)から子や孫に贈与する場合に限り、住宅購入資金を一定額まで非課税で贈与できる特例もあります。

2021年3月末までなら、一定の条件を満たす省エネ等住宅は1500万円、それ以外の住宅は1000万円までの贈与が非課税に。それ以降は非課税枠が小さくなるので要注意。

消費税増税後の援助策が12月までは生きている!


一生に一度の住宅購入だから、特にお金のことはしっかり考えて!

この記事に共感したら

Information

▼本の詳細・ご購入はこちら▼
ウォーカームック「家を買Walker 2020-2021 家づくりがわかる決定版」

「家を買Walker 2020-2021 家づくりがわかる決定版」単行本情報はこちら
価格:(本体345円+税)
発行:KADOKAWA
2020年4月14日(火)発売
amazon
カドカワストア
楽天ブックス

▼ウォーカームック「家を買Walker 2020-2021 家づくりがわかる決定版」詳細・ご購入はこちら▼
カドカワストア

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //