ドキドキの自己採点、激甘にしても超玉砕 ただの主婦が東大目指してみた(22)

#くらし 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

1週間かけて、東大の二次試験の過去問1年分を解き終えた。

勉強の他に家事と仕事があるとはいえ、このペースは受験生としてありえない遅さだ。

でも久しぶりにとても頭を使ったし、問題は本気で解いた。

1週間の中身はすんごくクソだけど、

【画像を見る】ただの主婦が東大目指してみた


フゥ。

ドキドキしてきた。

だって


記述式だから、採点が大変だ……

昔高校生の記述模試の英語の採点のバイトをしてたから、英語に関してはまぁまぁ正確に採点できるけど。

他の科目は概ね正解してたら良しとしよう。とりあえず初回だし。

そんな感じの言い訳をしながら、激甘な自己採点をした。


東大に合格するにはセンター試験で約9割とり、さらに二次試験で6割くらいの点数が必要だ。

さて、わたしの点数は、多めに多めに多めに見積もって


だめだこりゃ。

マーク式と違って、ふわっとした知識じゃ解けないよ。

ていうかこの記述もこのレベルだと、センター試験9割も普通に無理じゃねぇか。


そしてその夜、ちゃーくんに採点結果をそのまま伝えた。


ちゃーくん「別に東大目指すの、いつ辞めてもいいからね」

「辞めたって俺はどうも思わないし」

「頑張ろうとしただけでも偉いと思うよ、俺は」

私の東大受験の結果は参加賞になる……?

確かに今諦めれば、無駄な時間を過ごさずに済むかもしれないね。だけど、いま諦めたら諦めグセがつきそうだ。

いや、諦めグセならまだいい。

一度きりの人生なのに、自己実現のために本気で頑張ることすらなくなってしまいそうで


大口叩くとすごく頑張れるけれど、諦めるのが怖くなる。

著=ただっち

この記事に共感したら

Information

『ただの主婦が東大目指してみた』▶掲載話一覧はこちら

『ただの主婦が東大目指してみた』
ブログ「ただの主婦が東大目指してみた」から生まれた書籍も好評! 完全描き下ろしコミック&テキストのノンフィクション。

▼amazon▼

▼楽天ブックス▼

▼楽天ブックス電子▼

著者:ただっち
現役・東大院生。英語学習カウンセラー。ブログ『ただの主婦が東大目指してみた』が、開始後5ヶ月で1日最高28万PV、月間450万PVを記録。結婚を機に専業主婦になったものの、東大大学院の受験を決意。著書に『ただの主婦が東大目指してみた』(フォレスト出版)、『東大「ずる勉」英語 〜3ヶ月で赤門くぐった「超効率」学習法〜』(ぱる出版)。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //