消えていった私の夢 顔で選んだダンナはモラハラの塊でした(4)

#くらし 
子どもの頃からの大切な夢だった結婚式


一瞬で恋に落ちた相手は、とんでもないモラハラ男でした!!

夢の結婚生活を送るはずが、現実は夫からのモラハラ漬けの毎日。何かがおかしいと思いながらも、それがモラハラであることに気づけずに、ストレスを抱えながらも我慢して過ごした過去を振り返る…エグさ満載のコミックエッセイ「顔で選んだダンナはモラハラの塊でした」から、彼との出会いと違和感を感じる日々のエピソードを7回連載でお届けします。今回は第4回です。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)