東大入試でやらかした! 鉛筆キャップがすっ飛んで… ただの主婦が東大目指してみた(42)

#くらし 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

念願の東大入試なのに英語試験(TOEFL itp)のリスニングセクションが全然できなかった……

リスニングの出来は確実に足切りレベルだし、これ以上頑張っても無駄?

いやいや、まだ終わりじゃない! 出来ない理由を探しちゃダメだ!

文法問題を解く前に心の中で合格できる根拠をありったけ探した。

【画像を見る】ただの主婦が東大目指してみた


その結果……


10分くらい余ったし、全問正解できたと思う。

ポジティブシンキングは成功のもと!

前からふわっと思ってたけど、この時すっっごく強く実感した。

そしてそのままノリにノッたままリーディング問題を解き始めた。

いける、わかるわかるすっごいわかる!

リスニングは壊滅したけど、これならいける……!

……


まじかよ!!!

あと5問残ってるってことは、1問につき1分しかない……?

正直きついけど最後まで諦めない!


そう心の中で叫び、勢いよく鉛筆を持ち替えた。

だけど運悪くその鉛筆のキャップがきちんとハマっていなくて、その勢いに任せてキャップがすっ飛び……

次ページ:キャップの向かった先は…(3/3)

この記事に共感したら

Information

『ただの主婦が東大目指してみた』▶掲載話一覧はこちら

『ただの主婦が東大目指してみた』
ブログ「ただの主婦が東大目指してみた」から生まれた書籍も好評! 完全描き下ろしコミック&テキストのノンフィクション。

▼amazon▼

▼楽天ブックス▼

▼楽天ブックス電子▼

著者:ただっち
現役・東大院生。英語学習カウンセラー。ブログ『ただの主婦が東大目指してみた』が、開始後5ヶ月で1日最高28万PV、月間450万PVを記録。結婚を機に専業主婦になったものの、東大大学院の受験を決意。著書に『ただの主婦が東大目指してみた』(フォレスト出版)、『東大「ずる勉」英語 〜3ヶ月で赤門くぐった「超効率」学習法〜』(ぱる出版)。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //