お金が貯まる財布か、ブタ財布か、ここが分かれ道!

#くらし 

仕事柄、1万5000世帯以上の家計の中身とお財布を見てきたというファイナンシャル・プランナーの藤川さん。「貯めている人のお財布は、必ずといっていいほどすっきりしていて、きれいです。お金の管理ができて上手にやりくりできている人は、お財布の使い方にも気を配っているんですね。逆に、何でも入れているとお財布の中が把握し切れなくなり、お金の管理が雑になります」。つまり、パンパンに膨らんだ“ブタ財布”はダメ財布ということ。ここで、あなたの“ブタ財布”度をチェック!

CHECK1・財布の中身、金額を把握している?


財布の中身を把握していない人は、意識して使ってしまいがち。


財布の中に今お札が何枚入っているのか把握していれば、使い方をそのつど考えることにつながり、使い過ぎ防止に。「把握していない人はお金の管理ができていないということ。意識せずにどんどん使い、気がついたらお金がないなんてことになりがちです」。

CHECK2・お札をすぐに崩してしまっていない?


一万円を崩すと、気軽に使ってあっという間になくなるから不思議。


「人の心理は不思議なもので、1万円札は使うのを躊躇するけれど、千円札に崩すと使うのはあっという間。小銭になればさらに気軽に使いがちです」。支払いのときは、できるだけ大きいお金を崩さないようにし、細かい金額は面倒がらず小銭で支払いましょう。

CHECK3・財布の形が崩れていたり、ほつれたりしていない?


お財布がパンパンだと型崩れや傷みの原因に。


財布の形が崩れたりほつれたりするのは、カードやレシートでお財布がパンパンだったり、すぐにお札を崩して小銭がいっぱいたまっていたりするのが原因。「当てはまる人は、お財布をきれいに使おうと意識するだけで、お金の使い方が変わりますよ」。

CHECK4・レシートで財布がパンパンになってない?


レシートを入れっぱなしでパンパンな“ブタ財布”はNGです。


レシートを入れっぱなしでパンパンになっているのは、家計のコントロールができていない証拠。財布の中がゴチャついて、お札が何枚入っているかも把握しにくくなってしまいます。「専用のボックスを作って、毎日お財布から出すのを習慣にするといいですよ」。

CHECK5・下ろしたお金を全部入れていない?


お財布にたくさんお金が入っていると、使い過ぎの原因に。


「お金を貯めている人のお財布には、少ししかお金が入っていないことが多いんです。たくさん入っていると、つい使いすぎる原因に」。下ろしたお金をすべて入れるのではなく、必要な分だけをお財布へ。予算を決めずに、なくなったらその都度お金を下ろすのもNG。

CHECK6・使わないカードがたくさん入っていない?


時々しか使わないカードは、お財布とは別のカードケースで保管するのがおすすめ。


使わないポイントカードや診察券など、カード類がたくさん入っているのは、貯まらない人のお財布の特徴。「一度お財布の中ものをすべて出してみて、よく使うものだけを厳選しましょう。時々しか使わないポイントカードは、お財布とは別のカードケースで保管を」。

6つのチェック項目を意識して、貯まるお財布を目指しましょう!【レタスクラブ】

この記事に共感したら

Information

■教えてくれたのは:藤川太さん:ファイナンシャル・プランナー。家計の見直し相談センター代表。10年以上、数多くの家計相談を受ける。著書に『年収200万円でもできるお金を増やす教科書』(日本文芸社)ほか多数。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //