ロブションの豪華なクリスマスケーキってどんなもの? 画像(1/8) 「エクラディヴェール ~クリスマスの輝き~」5200円(税抜)約4~5人用(直径14×H5cm) ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション (六本木店・恵比寿店・丸の内店)で展開

ハロウィンも終わり、街は一気にクリスマス仕様になり、クリスマスに関する話題も出てくる季節となった。華やかなケーキやオードブルはクリスマスには欠かせないが、贅沢なクリスマス限定商品が発売される。

「ラ ブティック ドウ ジョエル・ロブション」「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」で11月21日より予約受付開始となるのは、ジョエル・ロブション氏が監修したクリスマス限定メニューだ。クリスマスケーキのほか、伝統菓子の「シュトーレン」2種、オードブルセットにローストチキンといった料理もラインナップしている。

そのうち、今年新たに販売されるのが「エクラティヴェール〜クリスマスの輝き〜」である。このケーキはフランスアルザス地方の伝統菓子である「フォレノワール」を現代風にアレンジしたもので、タヒチ産バニラクリーム、チェリー味のクリームブリュレ、キルシュ漬けチェリーを贅沢に使用したチョコレートケーキ。キラキラと美しくラメが輝く華やかなケーキとなっている。

また、大人向けにはクリスマス定番のビターチョコレートムース「ブッシュ ショコラ アルマニャック」がある。こちらはアルマニャック(ブランデー)とカカオ70%のショコラがバランスよく調和されていて、上品で華やかな香りが広がる一品だ。ローストチキンは京都にある七谷川流で放し飼いされた七谷地鶏を使ったもので、程よい歯ごたえと旨味がたっぷり。レストランの味を家庭でも楽しめる一品となっている。

それぞれ商品によって販売店舗が異なるので確認が必要。今年は豪華なケーキとオードブルで、一味違うクリスマスを迎えてみては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】