まだ間に合う!スマホやPCで「目もと」が老けたら、保湿しながらマッサージを

デジタル社会になったことから発生する不調は、頭痛や肩こりなどいろいろですが、「目もとが老ける」原因にもなっているようです。スマホやPCの画面を一日中凝視し続けると、まばたきが3分の1にまで減少。すると筋肉がこり固まり、血流が悪化して、クマやたるみにつながるのだとか!? 

この悪環境から目もとを救うには、どうしたらいいのでしょうか。まずは「目もと周りの筋肉をゆるめる」ことが重要です。


目もと専用美容液「FLOWFUSHI」は、マッサージしながら塗り込むことで血流を促す美容成分「エンドミネラル®」を配合。デジタル生活で緊張してしまった「眼輪筋(目のまわりをぐるりと囲んでいる筋肉)」と「側頭筋(こめかみから側頭部にかけて扇状に走っている筋肉)をほぐしながら塗り込むのがポイントです。そこへ美容成分が効果的になじみ、3種の植物オイルの保湿アプローチでふっくらした目もとを復活に導いてくれるとか。


こめかみまでしっかりマッサージできると、ほうれい線のケアにもつながるというメリットも。仕上げは、最後に目頭と眉下のツボとこめかみ筋をプッシュできると、さらに理想的。

目もと専用美容液というと1万円越えの高価なものも多いけど、このアイテムは比較的リーズナブルなのも嬉しいポイントです。今なら無料でサンプルをもらえるキャンペーンを実施中。特設サイトをチェックして、最新の目もと美容液の効果を実感してみて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】