2017年は猫まみれのスケジュール帳で1年ほっこりしてみない? 画像(1/4) 文字を書き込むスペースがないぐらい猫まみれにしてもOK
文字を書き込むスペースがないぐらい猫まみれにしてもOK

年末も迫り、新しい手帳の購入を検討している人も多いのではなかろうか。手帳は予定を記入するが、仕事など必ずしも楽しいものばかりとは限らない。そんな時に気分をいやし、盛り上げてくれるアイテムがあったとしたら?

猫好きが集まるフェリシモ猫部。猫のための基金がついたオリジナルグッズの販売で知られているが、今回、「漫画家 山野りんりんさんとつくった スケジュールが大盛り上がり 猫まみれ手帳シールの会」が提供された。「猫侍 玉之丞が行く」などの漫画で知られる山野りんりんさん。作品はもちろん猫部でもグッズデザインに協力しているので、おなじみという方も多いだろう。

シールは用途別に「イベントシール」、「デコレーションシール」、「インデックスシール」の3タイプが存在。さらにそれぞれがデザインによってアクティブ、気になる、まったりの3種類に分けられている。1回の購入では3つの用途を2デザインごとに6枚をゲットでき、以降はローテーション形式となる。全種類の獲得はもちろん、注文をストップしなければ同じ種類を何度でも購入できるのだ。予定が決まるたびに消費するから、補充が効くのは嬉しい。

デコレーションシールは、文字通り手帳の装飾に使える。普通の猫シールではあるが、手帳の枠や線にそって貼ることで、猫が初めから手帳の中に描かれているような雰囲気に。あえて無地などシンプルな手帳を購入し、このシールで猫づくしにアレンジしてみるのも楽しそう。折に触れて開いては猫にいやされるスケジュール帳で、来年1年楽しく過ごしてみては? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】