旅の軽快な荷造りの秘訣は「小物の工夫」にあり!
靴の中の小さな空間も見逃さず、靴下などを詰めて有効利用を

秋の行楽シーズンや年末年始にかけて、家族でお泊りの機会が増えるもの。荷物が多くて、荷造りだけで四苦八苦という人も多いのでは? 空旅研究家の三田村蕗子さんによると、軽快な荷造りのポイントは「迷うものは持っていかないこと」。そして、「持参する靴の中など小さな空間もフルに活用すること」だといいます。

●靴の中に靴下を

靴はかなりスペースをとるので、できれば持参は避けたいところですが、旅先でのレジャーやディナーに持っていきたいことも。そんなときは、持参する靴の中に靴下やストッキングなどの小物類を入れて空間を有効活用しましょう。片方ずつ布製の袋に入れて、旅行かばんへ。

●使い捨てできるものはフルに活用

意外とかさばるのがコスメ類。化粧品やシャンプー類は試供品など使い捨てできるものを持っていき、現地で使い切って処分すれば帰りがグッとラクに。液体ものは保存用密閉袋に入れると安心です。

意外とかさばるものが多い小物類。アレもコレも欲張らず、ちょっとした工夫で身軽な旅を!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】