美容の達人に教わる“すぐでき”うるおいキープ法
小腹がすいたら、肌にうるおいを与える成分が豊富なナッツを

肌の乾燥が気になる時期。みずみずしい肌をいつもキープしている美容の達人・小西さやかさんがふだんから実行している肌の“うるおいキープ”をご紹介します。

【小腹がすいたらナッツを食べる】

ナッツにはビタミンEなど、血行をよくし、肌にうるおいを与える成分が豊富。かみ応えもあるので、あごの運動にもなります。少量ずつよくかんで食べると、満足感も高まります。

【肌の調子に合わせてクレンジング剤を使い分ける】

クレンジング剤は数種類を揃え、肌の状態などに合わせて“きちんと落とす”ことがとても大切。「Tゾーンはオイルタイプで酸化した皮脂やメイク汚れをしっかり落とし、乾燥しがちなほおはクリームやミルクタイプにするなど、ゾーン別に使い分けたり、ニキビが気になるときは油分が残りにくいリキッドタイプを使います。クレンジングをきちんと選べば保湿はシンプルケアでOK!」。

なるほど、うるおいをキープするためには、ちゃんと“落とす”ことも大切なんですね。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】