達人に教わる「献立テクニック」夫婦2人編:佐々木俊尚さん&松尾たいこさん夫婦の場合

悩みのタネになりがちな毎日の献立作り。特に夫婦2人暮らしで、ともに働いている家庭だと食事も決まった時間に作ることさえ難しいのでは? そこで、夫婦2人の食事作りを担当している、作家・ジャーナリストの佐々木俊尚さんに献立作りのコツを伺いました!

【シンプルに、旬の食材から献立を考える】

忙しい中でも、料理をする時間がリフレッシュになるほど料理は楽しみの一つ、という佐々木さん。「献立は常に冷蔵庫の中にあるものを見てから考えます。前もって献立を決めないのは、夫婦ともに働いているので、決まった時間に料理を作って食べる、ということが難しいから。事前に作るものを決めて、例えば朝、きょうはコロッケにしよう!と決めたとしても、夜遅くにくたくたで帰ってきて揚げものは無理ですよね。なので、冷蔵庫の中を見て、“きょうはこれがあるのか”と、食材をチェックしてから献立を決める、というくらい緩い計画がちょうどいいんです」(佐々木さん)。

佐々木さんの献立作りのポイントは、食材から献立を考えること。「一般的には、カレー、ハンバーグ、など料理から献立を考えると思います。それだと、またカレー?などワンパターンになりがち。一方、食材から、例えば“キャベツを食べる”と考えると、せん切りにして塩もみしてサラダに、豚肉と炒めてみそ味の回鍋肉(ホイコーロー)に、これからの季節ならポン酢じょうゆで食べる鍋でもいい。このように考えると、塩味、みそ味、ポン酢味と、味のバリエーションが広がります。考える過程の試行錯誤も楽しみにすると、料理がもっと楽しくなりますよ」

食材から献立を考えると、緩い計画でもOKなのがうれしい!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】