SNSで大評判!ロブション監修の「セブンイレブン冬アイス」が至福の味わい

セブンイレブンのオリジナルスイーツは昔から高い評価を得ているが、今年9月に東京都内限定で先行発売された「ジョエル・ロブション監修のアイスバー」はSNS上でも大評判を呼び、「東京以外でも早く発売して~!」なんて声も続出していたようだ。

そんなアツいリクエストに応えて、ついに復活! 関東・東海・近畿地区の店舗(一部店舗除く)で数量限定発売が始まったのだ。


ジョエル・ロブション氏との2年間に及ぶ打ち合わせを経て、改良の末に完成したというアイスは、具材とソースを「マーブル状」に混ぜるという新技術を採用し、「いろいろな味や食感が波のように次から次へ押し寄せてくる、デザートのようなアイスバー」に仕上がっているという。


味は全2種。「ジョエル・ロブション ショコラ」は、ショコラとオレンジ(オレンジの砂糖漬けピール&ソース)のマリアージュに、オレンジ&練乳のダブルソースが隠し味的な役割となり、さらにチョコレートコーチングに散りばめた「カカオニブ」が楽しい食感を生む。

「ジョエル・ロブション ストロベリー」は、果肉&ソース&フリーズドライという、女子が飛び上がって喜ぶ「トリプルストロベリー」。しかも乳化剤や安定剤をできるだけ抑えて卵黄を使い、滑らかな舌触りを実現しているというこだわりよう。さらに、フリーズドライストロベリーを散りばめたホワイトチョコレートコーチングの美しさにもうっとり。

使われている素材も、さすがのロブション。フランス産最高級チョコレートやタヒチ産バニラビーンズ100%のバニラペースト等、「妥協のない原料」を使用している。

だが、そのお値段は300円とリーズナブル。今だけの「ご褒美スイーツ」を早めに数本ゲットして、冷凍庫にこっそりかくしておけば、幸せがしばらくの間確実に続きそうである。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】