新しい季節に新しい財布を!職人技が光る「おあつらえ」

「春」は「張る」にもつながり、春に新しいものを使い始めると金運もアップすると風水で言われている財布。フェリシモでは日本人職人が手がける『職人の春財布』2017年の新作予約が始まっています。

『【NEW】職人が誂えた上質本革がま口付き長財布(18.000円・税別)』は、がま口タイプで開け閉めもカンタン。内部はじゃばら式なので、カードがたっぷり入ってもコンパクトに収納できます。カラーは春らしい「サクラ」と落ち着いた「アールグレイブラウン」、お若い方にぴったりな「ライトターコイズ」、上品さがより光る「ノアール」の4種類です。

『【NEW】職人が誂えた上質本革がま口付き折り財布(19.800 円・税別)』は、よりコンパクトなサイズながらも、中は2室に分かれているため、お札とレシートを分類して収納できます。小銭入れも開口部が大きく開くため、取り出しに手間がかかりません。きれいめカラーの「キャメル」「アップルレッド」「ワインパープル」とシックな「ノアール」の4色がラインアップされており、どれも飽きのこない色味が魅力です。

素材はどちらも上品な輝きを放つ牛革。手触りもなめらかで、使えば使うほど手になじんできます。また細部にまでかけられたステッチは、まさに職人技ならではの仕上がりです。

フォルムの美しさまで追求した「職人の春財布」2017年の新作。お届けが初回が2017年4月上旬からなので、新生活に向けて自分で使うのはもちろん、母の日のプレゼントなどにも使えます。くたびれたお財布を使っている人は、この機会に気分一新してみては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】