完全個室型の夜行高速バスがいよいよスタート!

帰省や旅行などに夜行高速バスを利用する人も多いのでは? でも、不特定多数の人がいる空間で夜を明かすのは落ち着かない、という女性の声もちらほら。また、見知らぬ人の隣に座って長時間過ごすこともあり、精神的にも体力的にもハード。騒音や臭いに気を使って寝付けない場合も。自分の部屋のようにリラックスして個室で過ごせるバスがあったらいいなと思いませんか?

関東バス株式会社は、完全個室型の夜行高速乗合バス「DREAM SLEEPER(ドリームスリーバー)東京大阪号」を、2017年1月18日より両備ホールディングス株式会社と共同運行します。運行区間は東京・池袋駅と大阪・なんば(OCAT)/門真車庫間で、予約開始は既に始まっています。業界初となる全室扉付きの完全個室型バスなので、まるで宿泊ホテルに滞在しているかのような感覚で、東京〜大阪間を快適に移動することができます。

運行は上下線各1日1本。東京・大阪方面共に午後10時前後の出発で、所要時間はおよそ8時間40〜50分。翌朝7時頃に到着します。夜間に移動してしまうので、貴重な時間のロスもなし。丸1日、観光やレジャーを満喫することができます。1便11席限定のため、運賃(片道)は大人2万円・小児1万5500円と、新幹線や航空機に比べても安くはありませんが、車中泊によって宿泊代が浮くため、トータルで考えればお財布に優しいかもしれませんね。

「空間」も「時間」も贅沢に使える「個室バス」、これからの旅の選択肢になりそうです。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】