口どけ最高級!人間国宝がつくる、冬のご褒美スイーツ
ワインとも相性抜群の、スパイスの効いたショコラたち

家事に仕事にと、毎日頑張っているあなた。でも休むひまなく働きすぎては、いつか倒れちゃいますよ! たまには自分へご褒美を。こんなスペシャルショコラで自分をいたわってあげませんか?

東京都渋谷区のチョコレートブティック「イルサンジェー東京ブティック サロン&ミュージアム」が、12月25日より「冬のショコラギフトセレクション」を販売開始しました。

「イルサンジェー(Hirsinger)」は116年前の創業当時の製法を、直系の一族のみで一途に守り続けるショコラトリー。近代の便利な製菓道具を一切使用せず、職人の手で一層ずつ塗り重ねてつくられるそのチョコレートは、1粒ができあがるまでになんと5日以上かかるのだとか。そんな手間ひまがかけられたチョコレートは、口どけが素晴らしいと評判です。一体どんなお味がするのか、ぜひ一度は味わってみたいですね。

超高級ショコラトリー・イルサンジェーのチョコレートが購入できるお店は、世界に2店舗しかありません。フランスのジュラ地方アルボアにある本店と、東京の片隅にひっそりと存在するこのブティックだけなのです。また本店の、現在の当主であるエドワール・イルサンジェーは4代目。なんと、フランスの人間国宝にあたる名誉ある称号「フランス国家最優秀職人章(MOF:フランスの優れた文化を継承するにふさわしい職人に与えられる称号)」を最年少で受章されています。

新しい1年を勢いに乗せるには、こんなスペシャルショコラがふさわしいのでは? 

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】