5分で好印象に!来客前にやっておきたい「玄関掃除」
玄関掃除の流れ その1/たたきに出ている靴をしまう

来客はうれしいけれど、掃除をしなくちゃ!と考えると、ユーウツに。でも、お客様が使う場所だけをピンポイントで掃除すれば、時間もそんなにかかりません。中でも、まずやっておきたいのが玄関。知的家事プロデューサーの本間朝子さんが教えてくれた流れなら、なんと5分で好感度の高い玄関に!

【玄関掃除の流れ】

玄関は、その家の第一印象が決まる場所。ポイントを押さえ、お客様の目に留まる所を重点的に掃除すると、印象がアップします! まずはたたきに出しっぱなしの靴などをしまい、郵便受けやチャイムなど、ドアまわりの掃除を。最後にたたきを掃き掃除します。

1.たたきに出ている靴をしまう

玄関のたたきに出ている靴は、玄関用のサンダルなどを残し、ほかはすべてしまいます。次に、ほうきとちり取り、はけなど、玄関掃除に使うものを出して。「靴箱の一角に、掃除用具スペースを確保するとスムーズ」。

2.ドアまわりの汚れをはけで払う

玄関の外のチャイムや郵便受け、ドアまわりなどについたホコリをはけで払って。これらの場所は、お客様がドアがあくのを待つ間、よく見ています。「ボロ布を使ってもOKですが、DIY用のはけがあると、さっと汚れを払えて便利です」。

3.たたきを掃き掃除してゴミを取り除く

たたきは、部屋の入り口近くからドアに向かって掃いていき、ちり取りでゴミを集めます。「全体のホコリやゴミを取ったあと、余裕があればフロアモップのウェットシートを使って拭くとさっぱりしますよ」。

ふだんの掃除にも取り入れたいポイントがいっぱいです。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】