長時間履いても疲れない! オフィスウーマンにおすすめの快適パンプス
姿勢のよさ、美しさが感じられる高級感あふれるパンプス

一日の大半を一緒に過ごす靴。なかでもパンプスはオフィスワークでもプライベートでも外せないものの一つですが、それだけに悩みを抱えることも多いもの。合わない靴はトラブルの原因となることもありますから、足にフィットするものを見つけたいですね。

この度フェリシモルクスからそんな女性のために作られたこだわりたっぷりの靴「究極のハイヒール」が発売されます。今回発売されるハイヒールは、ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ総支配人を務める野口弘子氏と共に理想を追求し、靴型から作ったパンプスなのです。

その理想とは、長い時間履いていても疲れない快適さと、立ち姿が美しいという見た目の両立。女性の足が美しく見えるのは8cmのヒールとされますが、快適さを兼ね備える高さとして7.5cmという高さを採用しています。

それでもヒールは接地面が少なり、その分不安定になるもの。「究極のハイヒール」では、母趾球、小趾球、かかとの体重を支える部分をしっかりサポートする設計にし、さらに底面に独特のカーブをつけることでさらに安定感を増しました。その結果、安定感と美しさも兼ね備えたハイヒールの登場が実現できたのです。

さらに素材は本革を使用し、ヒール部分にも革を巻くことで、高級感のあるスタイルになりました。靴の製作は神戸で約100年の歴史を持つ靴メーカーである、カワノの職人が担当し、その技がいかんなく発揮されています。カラーラインナップは、ビジネスはもちろん、どんなシチュエーションにもピッタリのブラックとより大人に近づけてくれるベージュの2色が展開されています。

ハイヒールを仕事などで毎日履いている方はもちろん、足に合わないと敬遠していた方、この履き心地を試してみませんか。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】