醤油を注ぐとダースベイダー登場! 有田焼の醤油皿が斜め上すぎる発想
食事の場で使ったら一瞬で場が和みそうなかわいいデザイン!

大人気の映画『スター・ウォーズ』シリーズ。今年末に公開されるエピソード8が待ち遠しいですね! ところでその『スター・ウォーズ』と、日本古来の伝統工芸品のコラボグッズが発売された、なんて聞いたら、ちょっと見てみたくないですか?

日本の伝統工芸品の技術を今に合ったものへとプロデュースするブランドROUEN JAPANは、このたび新商品『STAR WARS™ SOY SAUCE DISH から有田焼の職人が丁寧に焼き上げたキャラクターが浮き出る醤油皿から』を販売開始しました。

『スター・ウォーズ』といえば、1977年に初回作品が公開されて以来、日本でも多くのファンがいる映画シリーズです。このたびの醤油皿は、その初回公開作品である『スター・ウォーズ エピソード4:新たなる希望』をテーマにしたもの。

登場するキャラクターのうち『DARTH VADER™』『STORMTROOPER™』『C-3PO™』『R2-D2™』の4キャラクターがそれぞれデザインされています。各キャラクターが醤油皿の底に凹凸で描かれていて、醤油を注ぐと絵柄が浮かび上がるという仕組み。

この醤油皿には、日本の伝統工芸品である有田焼の技術が生きています。400年以上もの歴史を持つ有田焼の特徴は、その硬さと透明感。強度の高さが醤油皿の中にキャラクターを描く細かい凸部を実現し、混じりけのない白さが、皿に醤油を注いだときのキャラクター描写をくっきりとしたビジュアルで魅せるのです。

有田焼の特徴をおおいに生かした4枚の醤油皿は、伝統工芸品を収納するにふさわしく専用桐箱に入れて届けられます。格調高い桐箱から登場する白磁器の醤油皿、底に見えるはなんとダースベイダー! このユニークなギャップに、あなたも魅了されてみては?

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】