“段差底”で見やすい!【セリア】「薬味チューブポケット」で冷蔵庫すっきり♪

#やってみた 

わさびやからしはもちろん、チューブ入りのおろししょうが、にんにくなどは時短調理に欠かせない便利アイテム。
「すりおろす」ひと手間が省けるんですから、冷蔵庫に常備している家庭も多いと思います。

でも、何本もあると、その収納に困りますよね。
わが家でもドアポケットに引っかけるタイプのチューブ入れに収納しているんですが、のれん?のようにズラズラ並んじゃっている状態。

見た目もよろしくないし、その奥に入れてあるオイスターソースや豆板醤などの調味料類が出しにくいったらありゃしません。

ところが! 先日パトロールに行った【セリア】で、この手があったか!というものを見つけてしまいました。

段差があるだけで空間を前後に使える「薬味チューブポケット」

「薬味チューブポケット」100円(税抜き)です。

いやいや、ポケットならもう使ってるし…とスルーしそうになって、ん?となったのが、パッケージに書かれている「上下にまとめてスッキリ収まる『段差底』設計」という文字。

なんと、6本のチューブを前後に分けて収納できるポケットなんです!

【写真を見る】底が段差になっているのが決め手

横から見ると確かに底が段差になっていて、前に3本、後ろに3本、チューブが入れられる形。

サイズは約横90×縦70×奥行60mm。
材質はポリプロピレン。
耐冷・耐熱温度は-20℃・100℃。

なるほど~、横に何本もズラズラ並べるんじゃなくて、前後に入れればコンパクトに収納できる!ってことなんですね。
空間の横利用ではなく、前後利用。この発想はなかった~!!

【写真を見る】整理前のわが家のドアポケット。のれんのようにチューブ類が並んでいる…

横並びのズラズラが不便で、絞り出し機能のついた1本ごとに引っかけるチューブクリップまで動員しているわが家のドアポケットを、この“段差底”設計で救ってもらうことにしましょー♪

前後に収納することですっきり!

さっそく試してみると、確かにすっきり! ドアポケットの中身がグッと見えやすくなりました!

“段差”のおかげで賞味期限も分かりやすい!

しかも、段差のおかげでチューブの上方に記されている賞味期限が分かりやすいこと。
これまで隠れて見えにくかったから(←見事な言い訳?)、何度「ひえ~! これ、とっくに期限切れてるじゃん」という悲劇に見舞われたことか。。。

これを機に、賞味期限が記されてる側をちゃんと見えるように入れなくちゃ、という気にまでさせてくれます(笑)。

使用可能なドアポケットのサイズ

使用可能なドアポケットは、厚さ6mm以下。

内側に取りつける場合は、深さ70mm以上が必要です。

また、注意書きにも「本品を冷蔵庫ドアポケットに取りつけた際、冷蔵庫の扉が無理なく閉まることを必ず確認してください」とあるように、扉を閉めたとき、冷蔵庫の棚にぶつからない位置に取りつけるのがポイント!

空間を前後に使うので、横並べタイプより庫内に出っ張るからですね。

また、冷凍庫での使用もNG。

でも、その点さえ注意すれば、幅をとっていた薬味チューブ収納もきゅっとコンパクトに。
少しでも冷蔵庫の収納をすっきりさせたい皆さん、この“段差底”設計の「薬味チューブポケット」、ぜひ試してみてくださ~い!

文=カッパスキー

この記事に共感したら

カッパスキー

カッパスキー

掃除や洗濯などの実用記事を中心に手がけるフリーライター。ヲタクな... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧