古紙は「縛る」から「クルッと束ねる」へシフト!【ダイソー】の「梱包用フィルム」

#やってみた 

段ボールや牛乳パック、新聞紙や雑誌など、古紙をまとめるときにビニール紐で十字に縛る作業ってありますよね。

私コレ、とても苦手です(涙)

大きい段ボールはかざばってまとめられないし、細々とした書類をまとめるときは一度にたくさん縛ろうとしてバラバラに…。

不燃ごみを出す朝はごみ出し準備が面倒すぎて、ちょっと憂鬱な気分になってしまいます。

「簡単にごみ出しができるルールにならないのかな!」

と愚痴をこぼしてたら、夫がダイソーでこんなものを見つけてくれました♪

【ダイソー】の「梱包用フィルム」で十字に縛る手間なくなりました♪記事

・「梱包用フィルム」110円/1個(税込)
<サイズ>幅10cm×長さ100m
<材質>フィルム部:ポリエチレン/取っ手部:紙

まとめたいものにクルクル巻き付け、簡単にひとまとめにできるアイデア商品です。
不慣れな私でも本当に梱包できるのでしょうか。
家中の物を集めて試してみました!

段ボールをクルクル~とひとまとめ

梱包用フィルムを出してみると、取っ手はにぎりやすく、フィルムはラップのような薄さ。フィルムの内側がシールのようになっているのかと勝手に思っていたのですが、ツルツルしていて普段使っているラップと全く同じ感触でした。

【画像を見る】片手で握りやすいサイズ感

さっそく一番苦手な段ボールをまとめてみようと思います!

段ボールを何枚か重ねたら、少し長めにラップを出し、取っ手でひっぱりながらぐるりと一周させます。

段ボールもまとめやすい

緩まないようきつく巻いていくのがポイント。

巻き終えたら段ボールを強く抑え、引っ張ると片手でフィルムが取れました♪
ビニール紐のようにハサミで切る必要がないのは嬉しいです。

ひっぱると簡単に切れる


段ボールをまとめ終えた写真がこちら。

クルクル巻いただけなのに、ズレ落ちない

雑になっちゃったかな? と気になりましたが、片手で逆さに持ってもズレ落ちません。
細いビニール紐と違って梱包面が広いためか、しっかり押さえられました。

木材もバッチリ! DIYもはかどりそう

パッケージ裏側を見てみると、「日曜大工にも便利です」という一言を発見!
物置に置いてあるDIYで残った木材、何かで使えるかもしれないと思い保管してあるのを思い出しました。

サイズ違いの細い木材も……

木材も簡単にひとまとめ

イイ感じにまとまりました♪
小さな木材もズレることなくいっしょにまとめられたので、使いたいときにすぐに見つけられそうです。

サイズ、素材違いで梱包してみると……?

荷物をまとめるのも便利そう、ということで、2つの箱を用意。プラスチック製の大きな箱と、紙製の小さな箱を重ねて梱包してみました。

サイズ&材質違いも大丈夫

力を入れすぎると紙の箱がつぶれてしまうので少し緩めに巻いています。
それでも梱包した後に上段の紙の箱はズレません。

かさばる荷物をまとめたいときにも重宝しそうですね。

梱包用フィルムの注意点は?

ラップのように軽く、尖った部分などもなくて安心な「梱包用フィルム」ですが、食品保存用に使用しないなどの注意点もあります。

直射日光や高温多湿での使用や保管はNG。火や熱源のそばに置くのもやめましょう。
事故に繋がらないよう普段は子どもの手の届かない場所に保管するようにしてください。


段ボールや新聞紙など、資源ごみの日のために買った【ダイソー】の「梱包用フィルム」は思った以上に幅広く使える便利アイテムでした♪
替え用フィルムも商品の横に販売されていたので、我が家では今後とも長~くお世話になる予定です。

文=みりた

この記事に共感したら

みりた

みりた

すっきり&おしゃれに憧れるフリーライター。物が多い我が家でも子ど... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧