歯ブラシを省スペース&衛生的に置ける!【セリア】の神グッズ♪「歯ブラシホルダー」

#やってみた 

梅雨時の悩みといえば、水まわりのヌメヌメやカビ発生。キッチンや洗面所などはいつもよりマメに飛び散った水滴を拭き取っています。

でも、見逃しがちなのがシャンプーなどのボトル類の底や歯ブラシスタンドの中。気づくとヌメヌメしていてギョッ!とすることが…。

特に歯ブラシは口の中に入れて使うものだけに、衛生的に気になります。わが家の小さい洗面台でも場所を取らず、歯ブラシを清潔に置いておけるものはないか?と思っていたら、【セリア】でぴったりのグッズを見つけました!

壁にピタッと密着!「フィルムフック歯ブラシホルダー」2P

何度でも貼ってはがせる「フィルムフック 歯ブラシホルダー」2個セット 110円。
タイルやガラス、鏡など平らな場所にピタッと貼れるシートがついた歯ブラシホルダーです。

【画像を見る】特殊フィルムに、歯ブラシをかけるフックがついている

サイズはフィルム部分(吸着シート)が40×40mm、フック部分は約直径20×奥行17mm。ホルダー1個に歯ブラシ1本が掛けられるタイプ。

材質はフィルムがPET・オレフィン系エラストマー、フックがポリカーボネート。

サイズが小さいうえ、吸着シートもフックも透明なので、清潔感重視の洗面所に貼っても悪目立ちしないのが◎!

しかも、フック部分をよく見てみると、ベースが上方に傾いていて歯ブラシが落ちない工夫までされています。

使い方も簡単!

取り付けられる場所は、光沢のある平らな場所・吸着シートより大きいタイル・艶のある金属塗装面・透明ガラス・鏡面など(破損の恐れがある薄いガラスや傷の入ったガラス面はNG)。

凹凸面やざらざら面・曲面・模様のあるステンレス・布やビニールなどの壁面・木・モルタル・すりガラス・プリント合板・レンジ、ストーブなどの高温になる場所には取り付けられません。

つまり、シートが取り付け面に密着したまま空気が入らない所ならOKということですね。

取り付け方も簡単!
まずは取り付け場所のホコリや水分、油、汚れなどをしっかり取り除きます。

吸着部分に付いている透明フィルムをはがしてペタリ

そして、吸着シートに付いている透明フィルムをはがします。

汚れを拭き取った壁に押しつけて、フィルムから空気を抜けば設置完了

あとは、取り付け面にフックが上に向くように(←ここ注意!)吸着シートを押し付け、シートから空気を抜けば設置完了。

吊るし収納で省スペースが実現! 

空気が抜けて壁にピタッと密着しているので、歯ブラシを掛けてもはがれず、しっかりホールド!
壁に吊るし収納しておけば、水切れがいいので歯ブラシを清潔な状態でキープできるというわけです。

歯ブラシスタンドがなくなったおかげで、狭い洗面台が広く使えるのも嬉しい限り♪

さらに便利なのは、位置を変えたいときは爪などで簡単にはがせること! はがした跡は残らず、ベタベタもしません。
歯磨き粉がついたりして汚れた場合も、はがして中性洗剤などで指を使ってやさしく洗えばOK。水分を拭き取れば、再度貼り付けられます。

ただし、フックの間が6mmほどなので歯ブラシの形状によっては掛けられない場合もあるので、その点だけ注意を。

サイズさえ問題なければ、省スペースで歯ブラシを清潔に置いておける優秀グッズ。歯ブラシの置き場所に悩み中の方、洗面所をすっきりキレイに使いたい皆さん、ぜひ!

文=カッパスキー

この記事に共感したら

カッパスキー

カッパスキー

掃除や洗濯などの実用記事を中心に手がけるフリーライター。ヲタクな... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧