ラーメンも焼きそばもレンジでチン♪簡単過ぎる調理ボールで楽ちんランチ♪【500円で幸せになってみた】

#やってみた 

毎日の仕事、家事、育児でヘトヘト・・。
自分のことまで手の回らない日々に、
自分のためにワンコインを使ってちょっとした幸せを楽しむ企画。

今回は、スリコで販売されていた簡単調理の人気商品です♪
レンジだけで調理できる便利なボールは、
時間のないランチタイムにピッタリ。
これひとつで手間がグッと減って、自分の時間を少し増やせそうです♪

即席ラーメンがレンジで簡単調理!



商品名、ビストロヌードル。
スリーコインズで300円(税込330円)にて購入しました。

サイズは直径約18.7cmで、取っ手部分を入れると幅が約22cm。
高さはフタをかぶせて約11.1cm、容量が約1.4Ⅼ。
販売時はフタが裏表逆になっています。

カラーはグレーがかったホワイト。
大人気のくすみ色で、デザインもシンプルで実用的。

【画像】つや消しマットのくすみ色がカワイイ。



商品は、本体、フタと、蒸し調理用のすのこ付き。
ラーメンには使用しませんが、
ロールキャベツや蒸し野菜鍋など蒸し料理のとき使います。

素材はポリプロピレンで軽量。
ひとり鍋のようなデザインで、色合いも質感もいいからオシャレですね♪

蒸し調理もできるすのこ付き。



ラーメンがレンジで作れるなんて便利!
ラーメン以外にも5種のアレンジメニューをQRコードで見ることができます。
分かりやすい写真付きで、いろいろ試してみたくなる!

まずは基本の即席ラーメン作り。
でも何分かかるのか気になりますよね。
帯の裏に目安の分数が書いてありました。

水を入れた場合、600Wで即席めんの袋表示時間プラス3分。
500Wなら表示時間プラス4分。
お湯の場合なら、袋表示と同じ時間、またはプラス30秒ほどでOK。

我が家はポットがないし、どうせなら手間をとにかく省きたいので、
お水から調理しようと思います。
でも、麺をお水から入れて伸びないのかな?と少々不安。

帯にアレンジレシピのQRコード付き。



では、ひとりランチの定番、即席ラーメン作り開始。
容器をよく洗ったら、即席めん袋の指示にある容量の水を入れて、
野菜、即席めんを入れます。
容器にフタをして、電子レンジで加熱。
今回の即席めんは茹で時間が4分だったので、600Wでプラス3分。
計7分間、レンジで加熱します。

加熱が終わったら、麺に同封されたスープの素を入れて、
よく混ぜて出来上がり♪
鍋を洗う手間がなく、
火を使わないから吹きこぼれが気にならないし、目を離せる。
お手軽に即席ラーメンが出来て、ひとりランチにピッタリ!
麺も伸びてなくて、野菜もイイ感じに火が通り、美味しく頂けました♪

レンジだけでラーメンが完成!



アレンジメニューのQRコードにアクセスして、メニューをチェック。
すのこが付いているので使ってみたい!と思い、
焼きそばに挑戦してみました。

容器にすのこを敷いて、その上に焼きそばの麺、野菜、ソーセージをのせて。
その上から大さじ3杯の水を入れます。
あとは電子レンジ600Wで3分。
加熱が終わったらすのこを取って、ソースをあえて出来上がり。
早い!!

お水が少なくて済むから、麺はモッチリ感があり、べたつきがない。
野菜の甘みも感じるし、ソーセージもちょうど美味しくできている!
ひとりランチの定番になりそう♪

焼きそばってレンジでできるんだ!と感動!


手軽に美味しいレンジ料理ができる、ビストロヌードル。
ひとりランチの時短と楽ちんさで、時間に余裕がでるから幸せを感じました☆

ラーメン、焼きそば以外にも、ロールキャベツや野菜鍋もできるようなので、
麺料理以外にもチャレンジして、家族みんなで笑顔になりたいと思います♪


文=かこゆき

この記事に共感したら

かこゆき

かこゆき

6学年差の姉弟をもつ2児の母。可愛いもの、プチプラなもの、便利な... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧