ひとりコーヒー派の人に提案したい!ダイソー「コーヒードリッパー」が便利だった

#やってみた 

少し前にコンビニのコーヒーにはまった私。
コーヒーメーカーで豆を挽いて入れてくれるので、苦みも少なくて飲みやすいのが魅力です。

毎回コンビニで買うのはちょっともったいない。
そこで衝動的にコーヒー豆とポット類を買いそろえたんですが、家族でコーヒーを飲むのは私だけ。

毎回コーヒーポットを出すのが面倒になってしまいました。

だからといってスーパーなどで買えるドリップタイプのコーヒーはちょっと割高だし、揃えてしまったコーヒー豆を使い切りたい。

こんな私のわがままをかなえてくれる便利アイテムである、自分の好きなコーヒー豆で使えるドリッパーを発見!

自分好みの粉でコーヒーが入れられるコーヒードリッパー

・「コーヒードリッパー」110円/12枚(税込)
サイズ:約9.0×13.0cm

これならちょっとコーヒーを飲みたいときはポットを出すより楽なのでは?
そんなわけでさっそくゲットしてきました。

ドリッパーはたっぷり12枚入り

110円でたっぷり12枚入っていました。
普段はコーヒーポットと併用しているので、12枚って意外と長持ちしています。


組み立てるとコーヒーの粉を入れる部分が出現

ガイドに沿って折って組み立てると粉を入れるポケットが出現!
ここにコーヒーショップで購入した粉を入れて使います。

どのコーヒー粉でも使える点がうれしいですね。

市販のドリップコーヒーと同様、お好みの粉でコーヒーを入れよう

使い方は簡単で、組み立てたコーヒードリッパーをカップにセットして、お好みのコーヒー粉を1回分入れます。

あとは市販のドリップコーヒー同様にお湯を注ぐだけで完成です。

コーヒーポットとの使い分けがおすすめ

私的には、コーヒーポットとの使い分けが断然おすすめ。

2杯分以上入れたいときはコーヒーポットを使ったほうが便利。
私は普段一気に2杯分入れて朝と午前の仕事中に飲むので、基本的にはコーヒーポットを使います。

午前中に外出の予定があって朝の1杯しか飲まないときや、1杯目と2杯目で違う味を楽しみたいときは、ダイソーのコーヒードリッパーを使用するようにしています。

また、コーヒードリッパーであれば洗い物はカップのみなので、とにかく手軽にコーヒーを飲みたいときにも重宝します。

使いわけることで、今まで以上に快適なコーヒーブレイクを堪能していますよ♪

文=あささん

この記事に共感したら

あささん

あささん

2歳息子をもつズボラ母。在宅ライターをしています。仕事や子供との... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧