低カロリーなモッツァレラチーズ!?「焼きヨーグルト」を作ってみた 画像(1/2) しっかりした固さになるので、こんな盛り付けもラクラクできちゃう

ネットやTVで話題になった「焼きヨーグルト」。プレーンヨーグルトを水切りして焼くと、「モッツァレラチーズ」のようになるという。しかし「プレーンヨーグルトを水切り」となると一晩かかるし、それをさらに焼くという工程が、ズボラ主婦的にはテンションが下がる。ぶっちゃけ手間はそれなりにかかるので「モッツァレラ食べてりゃいいじゃん!」なんて。

逆に、メリットといえばやっぱり価格とカロリーでしょうか。某メーカーのモッツァレラチーズは、100gあたり248Kcal。ヨーグルトの場合は65Kcal。そして値段はモッツァレラ(100g)330円前後、ヨーグルト(400g)140円前後。焼きヨーグルトに挑むモチベーションは、ここが一番大きいかな~と思われます。それ以外に、世の女子たちをひきつける魅力はあるのでしょうか。作って味わって、確かめてみよう。

低カロリーなモッツァレラチーズ!?「焼きヨーグルト」を作ってみた 画像(3/2) 【写真を見る】水切りしたヨーグルトを焼くとこんな感じ。焼いても見た目はたいして変わらない

我が家にはトースターがないので、1晩水切りしたヨーグルトを、耐熱皿に移し、オーブン180度で20分焼いてみた。焼き上がりは、全体が「ギュ」っと締まった程度で、見た目はほとんど変わらない。さて味は……おもしろい! ただの水切りヨーグルトは「もったり」したようなクリームチーズ感があるが、「焼きヨーグルト」はほんのり弾力も加わっているような気がする。

なるほど、コレがモッツァレラと呼ばれる所以か~。本物のなめらかな舌触りまでは再現できないけど、コレはコレでおいしい。固さがあるのでスプーンですくってデザートプレートも作りやすい。砕いたナッツとメープルシロップをかけて食べても、ヨーグルトより主張のある味と食べごたえなので、歯ごたえのバランスが抜群。

娘が年頃になり体重なんか気にし始めるようになったら、ドヤ顔でコレを作ってあげてもいいなあ。


文=スモモスキー