外さず注げて便利!【ダイソー】「紙パックキャップ」でにおい移りナシ

#やってみた 

牛乳パックを開けて残りを冷蔵庫で保管するとき、注ぎ口がちょっと開いてしまうのが気になっていました。

洗濯ばさみやクリップでとめたりしていたのですが、冷蔵庫の中とはいえもっとスマートに収納したい!

そんなときに、ダイソーで使いやすく、しかもしっかりとふたをしてくれる「紙パックキャップ」を発見しました。

【ダイソー】「紙パックキャップ」を購入しました


・「紙パックキャップ」100円/1個(税抜き)

【画像】「紙パックキャップ」は紙パックにちょうどの大きさ


<サイズ>縦2.8×横4.4×奥行1.3cm

<材質>ポリカーボネット

<耐熱温度>80度

取りつけ方は、紙パックを閉じた状態で斜めに差し込むだけ。

「紙パックキャップ」は簡単に紙パックに装着できます


あとは、キャップを開け口のほうまでスライドさせると、しっかりとキャップできます。

「紙パックキャップ」をスライドさせてふたをします


中身を注ぎたいときは、キャップをスライドさせて注ぎ口を露出させると、「紙パックキャップ」を外さずに中身を注げます。

「紙パックキャップ」ならつけたまま中身を注げます


使っていて地味に助かるポイントは、透明だということ!

キャップをしたままでも賞味期限が見えるのはもちろん、もし汚れてしまっても発見しやすいので、すき間の汚れが気になる私にはうれしい♪

「紙パックキャップ」は透明なので賞味期限もしっかり見えます


ところで、パッケージにある「うっかり倒しても中身がこぼれにくい!」が本当なのか気になった私。

子どもが牛乳を倒して大惨事!になったことがあるため、その真偽を確認するべく実験してみました。

紙パックを倒しても20秒くらい中身はこぼれませんでした!


結果は、倒して写真を撮る20秒くらいはこぼれませんでした! 

どれくらい倒していたらこぼれるのかを確かめたら、30秒を超えたあたりでだんだんこぼれ始めます。

うっかり倒した場合、わが家ではたいてい10秒以内に元に戻すと考えると、「紙パックキャップ」は大惨事を防ぐアイテムとして◎

つけたまま注げるのに、しっかりと紙パックのふたをしてくれ、ニオイ移りもブロックしてくれる「紙パックキャップ」は、もう手放せません!

文=さゆぼん

この記事に共感したら

さゆぼん

さゆぼん

お休みは極限まで予定を入れたい、女2人、男1人の子を持つ母。常に... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧