手際よく料理をするためには、調味料をあらかじめ計量しておくのがポイント。

でも、計量って手間がかかりますよね。


調理中でもサクッと計量できる、ふしぎな構造の「計量粉末だしボトル」をセリアで発見!

これで、計量のストレスから開放されるかもと思い、買ってみました♪


サッとひとふりで計量の手間が減った!【セリア】「計量粉末だしボトル」 画像(1/6) 粉末だしボトル

・「計量粉末だしボトル」1個 100円/1個(税抜き)

<サイズ>約タテ5.5cm×ヨコ5.5cm×高さ10cm

<材質>AS樹脂・ポリプロピレン


容量は120ml、長方形のシンプルなボトル。

フタには、「ひとふり約4g」と書いてあります。

調味料によって多少の誤差はありますが、約4g=小さじ約1杯分を、計量しなくてもサッとひとふりで出すことができます。


サッとひとふりで計量の手間が減った!【セリア】「計量粉末だしボトル」 画像(3/6) 【画像】小さじ約1杯分の粉末だしがこの部分にたまる

使い方は、まずボトルの四角いフタをはずし、粉末だしを入れたらしっかりとフタをしめます。


サッとひとふりで計量の手間が減った!【セリア】「計量粉末だしボトル」 画像(6/6) フタを全開にする

このとき、カチッと手ごたえがあるまでフタをしめないと、スキマからもれてくることがあるので気をつけて!


サッとひとふりで計量の手間が減った!【セリア】「計量粉末だしボトル」 画像(10/6) 粉末の出口をあける

角の部分のフタをあけたら、サッとひとふり!

ボトルの底の部分にたまっていた、小さじ約1杯分の粉末だしが出ました。


もとに戻すと、また小さじ約1杯分の粉末だしがたまります。


パッケージには、ちょっとしたレシピが掲載されています。

たとえば、みそ汁を作るなら水約600mlに粉末だしをひとふり。

炊き込みごはんなら、米2合にひとふり。


サッとひとふりで計量の手間が減った!【セリア】「計量粉末だしボトル」 画像(15/6) ボトルのしくみとかんたんレシピ

計量せずにサッと使えるのは、とってもストレスフリー!


ちなみに、わが家では顆粒コンソメや砂糖、塩、片栗粉など、使う頻度が高い調味料を入れています。

いつでも使えるところに置いておくと、料理もはかどりますよ。

ボトルのデザインもシンプルなので、並べておくと統一感があってオシャレです。


サッとひとふりで計量の手間が減った!【セリア】「計量粉末だしボトル」 画像(21/6) さまざまな調味料を入れてみよう

家事の効率化は、小さなところから。

セリアの計量粉末だしボトルなら、料理のちょっとした手間を減らすことができますよ♪


文=渡辺リリオ