【和食レシピ】体も心もほっこりあったまる「長ねぎと豚肉のあっさり煮」 画像(1/3) ぶつ切り&小口切り、ねぎのW使いで!
ぶつ切り&小口切り、ねぎのW使いで!

調理=井原裕子 撮影=安井真喜子

和食の王道、煮もの。甘辛味や塩味など味つけもいろいろですが、ときにはあっさり味もいいもの。この時期たっぷりとっておきたい、免疫力アップ効果大のねぎを1本使って、豚肉、にんじんと煮るだけ。体も心もなごむやさしい味に、思わず日本酒がほしくなるかも!?


【長ねぎと豚肉のあっさり煮】(1人分298Kcal、塩分1.7g、調理時間15分)


<材料・2人分>長ねぎ(青い部分)を含む1本、豚ロース薄切り肉150g、にんじん150g、しょうがの薄切り2枚、煮汁(みりん大さじ2、しょうゆ大さじ1 1/2、水3/4カップ)、サラダ油、酒


<作り方>

1.ねぎの白い部分は4cm長さに切る。青い部分は内側にあるやわらかい部分10cmをとりおき、残りは4cm長さに切る。とりおいたねぎは小口切りにし、水に約5分さらして水けをきる。にんじんは小さめの乱切りにする。豚肉は長さを4等分に切る。

2.フライパンに油大さじ1/2を中火で熱し、豚肉を入れて炒める。肉の色が変わったら、4cm長さのねぎ、にんじんを加えてさっと炒め、油がまわったら酒大さじ1をふり入れる。煮汁の材料、しょうがを加え、煮立ったら弱火にしてふたをし、にんじんがやわらかくなるまで約10分煮る。

3.器に盛り、ねぎの青い部分の小口切りをのせる。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】