前代未聞! 温泉につかりながら遊ぶ遊園地が開園決定?
「温泉×ジェットコースター」温泉好きにはたまらない!?

温泉好きな女子の皆さん、温泉に入りながらジェットコースターに乗れる「遊園地」はご存じですか? 世界に誇る温泉都市・大分県別府市の市長が、本当に開園を決断しました! プロジェクトに参加して、この夢のような企画を成功させませんか?

大分県別府市は、温泉と遊園地の融合プロジェクト「どうせやるならやりすぎたい!温泉×遊園地=前代未聞の”湯~園地”を別府に実現!!」を、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」にて開始しました。期間は2月10日〜4月10日まで、目標金額は1000万円です。

このプロジェクトのきっかけは、別府市のビジョン「遊べる温泉都市構想」の一環として、架空の温泉遊園地「湯〜園地」を描いたYouTube動画でした。市は、再生回数が100万回を達成したら実際に「湯〜園地」計画を実行するとの公約を発表。ユニークな動画は、わずか3日で100万回再生を達成し、あっという間に「湯〜園地」の開園が決定してしまいました……。

今回のクラウドファンディングは、公約したからにはやるしかない「湯~園地」を、一切税金を使うことなく実現すべく始まったもの。全国から賛同者を集めて開園資金を確保する計画です。設置予定遊具は、つかれるメリーゴーランド、かけ湯吊り橋、温泉スライダー、家族風呂的観覧車などなど。この摩訶不思議な遊園地を体験したいなら、もう支援するしかありません!

支援者には、支援額8000円(税込)で「タオル型入園券」、50万円(税込)で一番風呂が楽しめる開園前1時間貸し切り「湯〜が一番!」など、「湯〜園地」を優先的に楽しめる返礼品が用意されています。

ちなみに、今回の「湯〜園地」開園は、7月29日〜31日の期間限定。気になった人は、この機会をお見逃しなく!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】