日本一の国産チーズに選ばれたのは?「ジャパンチーズアワード2020」結果発表!

#食 

2019年、日本のチーズ総消費量が5年連続で過去最高を更新したことをご存じでしょうか? 年々高まっているチーズ需要。今年はコロナ禍により家の中で過ごす時間が増え、普段の食事や家飲みをより楽しみたいと考える層が増えた影響で、これまでに増して高まっているようです。しかしその一方で、輸入チーズの増加による国産チーズのシェア低下が心配されています。

もっと広く国産チーズのおいしさを知ってもらうための取り組みとして、先日国産ナチュラルチーズの生産者と消費者をつなぐ国内最大級のチーズコンテスト「ジャパンチーズアワード2020」が開催されました。2年に1度開催されるこのコンテストは、NPO法人チーズプロフェッショナル協会が主催。第4回となる今年は国内各地から78工房・233種類ものチーズがエントリーしました。その様子をレポートします!

チーズのプロたちが、世界基準でチーズを採点!

審査は、本アワード専門の研修を修了した「チーズプロフェッショナル」有資格者が、世界の権威あるチーズコンテストの評価項目を参考に実施。チーズの製法をベースに21のカテゴリーで分けられた審査会場には、普段あまり見ることのない様々なチーズが並んでおり、その様子は圧巻。チーズ好きにはたまらない空間となっていました。

「ジャパンチーズアワード2020」一次審査の様子

審査会場内はコロナ対策もしっかりとされており、マスクやフェイスシールドをつけた多くのチーズプロフェッショナルたちが真剣なまなざしで審査を行なっていました。「形と外観」「生地と組織」「匂いと味」の3項目について、減点方式16点、加点方式4点の20点満点で審査しているとのことです。

【画像を見る】見慣れない姿のチーズがたくさん!

並んでいるチーズの中には、見慣れない、カットされていない状態のチーズも。このずっしり感、伝わるでしょうか。このままお持ち帰りしたい…!

冷蔵ケースにもチーズがずらっと…

審査会場の廊下には冷蔵ケースが並んでおり、その中にもチーズがぎっしり。ピラミッド型のものやパスタのような見た目をしたもの、野菜やハーブ、フルーツが練り込まれたものなど「こんなチーズもあるのか!」と思わず見入ってしまうほどとにかく種類豊富。

このあとグランプリ審査が行われ、結果発表はオンラインで実施されました。

チーズプロフェッショナル協会の本間るみ子会長

結果発表では、チーズプロフェッショナル協会の本間るみ子会長より挨拶があり、その後カテゴリーごとの各部門賞、最優秀部門賞、グランプリと発表されました。

数あるチーズの中から最優秀部門賞、グランプリを受賞したのは…?

各部門賞は部門ごとに銅賞、銀賞、金賞、そして最優秀部門賞と発表。ここでは、最優秀部門賞を受賞したチーズをお伝えします。

受賞したチーズ

◆フレッシュ/プレーン部門
るり渓やぎ農園チーズ工房(京都) フロマージュ・フレ
◆フレッシュ/バラエティ部門
ニセコチーズ工房(北海道) デザートチーズ 二世古 雪花【sekka】ラムバナナ
◆フレッシュ/リコッタ部門
秩父やまなみチーズ工房(埼玉) リコッタ
◆ソフト/白カビ部門
kotobuki cheese(鹿児島) カノヤホワイト−熟成白カビチーズ
◆ソフト/酸凝固(山羊乳)部門
那須高原今牧場 チーズ工房(栃木) 茶臼岳
◆ソフト/酸凝固(山羊乳以外)部門
milk port NAO(岩手) 白仙(ダブルクリーム)
◆ソフト/ウォッシュ部門
ボスケソ・チーズラボ(長野) KASUGA
◆ソフト/バラエティ部門
共働学舎新得農場 チーズ工房(北海道) さくらのアフィネ
◆パスタフィラータ/モッツァレラ部門
IL RICOTTARO(岡山) ジャージーモッツァレラ
◆パスタフィラータ/ブッラータ部門(*新設)
加藤牧場 バッフィ(埼玉) 加藤牧場・ブッラータ
◆パスタフィラータ/熟成部門
牧家(Bocca)(北海道) カチョカヴァロ 200g
◆パスタフィラータ/ストリング部門(*新設)
ASUKAのチーズ工房(北海道) ストリング・しおかぜ
◆パスタフィラータ/バラエティ部門
⻑沼あいす 酪乳品工房(北海道) 北のおいちーず
◆青カビ部門
ニセコチーズ工房(北海道) ブルーチーズ 二世古 空【ku:】
◆非加熱圧搾/熟成4ヵ月未満部門
ノースプレインファーム(北海道) 季節の有機セミハードチーズ
◆非加熱圧搾/熟成4ヵ月以上部門
ニセコチーズ工房(北海道) 二世古 椛【momiji】
◆非加熱圧搾/ラクレットタイプ部門
チーズ工房タカラ(北海道) タカラのトケル
◆加熱圧搾/熟成6ヵ月未満部門
十勝千年の森チーズ工房(北海道) 硬いヤギのチーズ
◆加熱圧搾/熟成6ヵ月以上部門
しあわせチーズ工房(北海道) 幸
◆非加熱・加熱圧搾/バラエティ部門
神津牧場(群馬) 神津トマト&バジル
◆オープンカテゴリー部門(*新設)
三良坂フロマージュ(広島) ケーゼ・シュトレン

各部門賞発表のあとは、いよいよグランプリの発表。グランプリは、各部門の最優秀部門賞のうち金賞以上のチーズから、リーダー審査員24名の審査によって選ばれたものです。栄えあるグランプリに選ばれたのは、【しあわせチーズ工房(北海道) 幸】!

グランプリ受賞のしあわせチーズ工房(北海道) 幸

グランプリを受賞したしあわせチーズ工房は、過去にも何度も受賞実績のある工房。本間会長は、「ヨーロッパのチーズに引けを取らない、すべてにおいて完成度の高いチーズでした」とコメントを述べました。

かつての日本のチーズは、モッツァレラチーズなどのパスタフィラータ系か白カビのチーズくらいだったそうですが、今ではハードチーズも数多く生産されており、近年のグランプリ受賞チーズはハードチーズが占めています。「生産までに時間がかかり、リスクも高いハードチーズに挑戦していく生産者が増えていることを嬉しく思います。日本のチーズが世界に注目される日も遠くはない」と本間会長。

今後も日本人ならではの繊細さを持つ、それでいて世界に通用するチーズがたくさん登場しそうです。普段慣れ親しんだ銘柄のものしか買わない、という人も、たまにはちょっとこだわって、特別な日本のチーズを味わってみてはいかがでしょうか。

取材、文=月乃雫

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //