やってるかも!顔のバランスを悪くして、どんどんおブスになる「NG習慣」とは?
歯を食いしばると、エラが張って大顔に!

「筋肉と皮膚に支えられた目、鼻、口の形やバランスが美人に見える顔を作ります」と教えてくれるのは、歯科医の是枝伸子先生。特に、顔の下半分のバランスが美人に見えるかどうかを左右するそうです。顔の筋肉を鍛えることで美人になるのは可能ですが、一方で顔の下半分のバランスを悪くする=おブス顔になるNG習慣もあるとか! 知らないうちにこんなこと、やっていませんか?

【顔の下半分のバランスを悪くする!? NG習慣】

●歯を食いしばる

ストレスや我慢をすることが多い人に見られる、歯を食いしばる癖。かみ合わせ部分の筋肉がかたくなり、エラが張って大顔に!

●口角が下がった、不機嫌顔

笑顔は自然にほおの筋肉を上げる動きです。不機嫌な顔では顔の下半分がさらに落ちて、長く見える顔に!

●スマホを下向きで見る

下向きの顔を鏡で見ると、鼻の下もフェイスラインも落ちています。バランスの悪い顔は老け顔に見られがち。長時間の使用は厳禁!

●左右どちらかの歯でばかり食べる

顔の左右の筋肉バランスが悪くなると、顔のゆがみの原因のひとつにも。左右バランスよくかんで食べて。

【「美の下克上」が始まる30代からが、美人に変わるチャンス!】

老いによる劣化は誰にでも同じように訪れます。内面を磨いたり、美に対する努力を重ねた非・美人が、その容姿にあぐらをかいてきた美人を追い越す=美の下克上が始まるのは30代から! 自分磨きの成果は「大人のいい女」という評価となって表われるのです。

「もう年だから…」は禁物! NG習慣をなくして、美人に変わりましょう!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】