帰省しない…遠出しない…コロナ禍で大きく変わった!【412人緊急アンケート】子育て世代の年末年始、なにしてどう過ごす?

#くらし 
いつもは帰省している人も多いが…

今年はコロナ禍で大きく生活や意識が変わった特別な年でした。
帰省も、今年は「やめておく…」という人も多いと思います。
レタスクラブでは、「2020~2021年の年末年始の過ごし方」についてのアンケートを12/10~12/16に実施、412人の子育て女性(女性・既婚・子どもあり・23歳~50歳)たちが実際にどのようにこの特別な年末年始を過ごそうとしているのかを聞いてみました!

一位は「自宅で過ごす」。いつも帰省していた人は親に何をしようと思っている?

まず「年末年始」のメインとなる過ごし方を尋ねたところ、以下のようになりました。

年末年始のメインの過ごし方は?

【今年2020年~2021年の年末年始でのメインとなる過ごし方をひとつ選んでください】
1位「自宅で過ごす…328人 79.6%」
2位「帰省する…47人 11.4%」
3位「日帰りで近場に出かける…14人 3.4%」
4位「その他…10人 2.4%」
5位「1泊2日以上の国内旅行…7人 1.7%」
6位「未定…6人 1.5%」
(回答期間:2020年12/10~12/16)

今年の年末年始は、主に「自宅で過ごす」と回答した人が約80%となり、社会情勢を反映した結果となりました。では、「帰省」の代わりに「何を予定」しているのでしょうか…?

【帰省の代わりに親に何かしたいと考えているものはありますか?(複数回答可)】
※アンケートで「帰省しない」あるいは「わからない」と回答した人が対象

1位「電話…126人 30.6%」
2位「贈り物をおくる…87人 21.1%」
2位「特にない…87人 21.1%」
4位「写真などを送る・共有する…60人 14.6%」
5位「オンライン帰省(ビデオ通話など)…54人 13.1%」
6位「その他…13人 3.2%」
(回答期間:2020年12/10~12/16)

何かしら実家に向けてアクションを起こそうとしている人が多いようです。特に2位に入っている「贈り物をおくる」などは今年ならではの新たなお歳暮のカタチと言えそうです。
・「直接会えない親族に、年末年始に食べてもらいたい食材やスイーツを贈ります。その感想を聞くのも楽しみです。」(37歳・東京都)
とのコメントも寄せられました。親戚にあいさつまわりをする、親族そろって会食をする、など「誰かと会う」正月行事の多くは、「贈り物」「電話」「ビデオ通話」等に代替されるようです。

帰省のしにくい今回の年末年始については、アンケートからは
・「逆に帰省の気遣いなく、家族水いらずで過ごせます」(36歳・東京都)
・「例年は親戚まわりなどで正月休みが終わってしまいますが、今年は親戚に時間を取られない分、自分のパートのシフトを多く入れたいです」(29歳・千葉県)
といった意見も寄せられました。

いつもと違う年末年始。「家でドラマ・映画鑑賞」「食費にお金をかける」

次に今年の年末年始の過ごし方について、全体的に多くなりそうなアクションについて尋ねたところ、「おうち需要」の趨勢が明らかになりました。

子育て世代にアンケ―ト!例年よりも多くなりそうなこと


【2020年~2021年の年末年始、「例年よりも多くなりそうなこと」は何ですか?(複数回答可)】

1位 「自宅でゆっくり過ごす…339人 82.3%」
2位 「家でドラマ・映画鑑賞…169人 41.0%」
3位 「食費にお金をかける…138人 33.5%」
4位 「大掃除をする…126人 30.6%」
5位 「読書(マンガ含む)…90人 21.8%」
6位 「ゲーム …76人 18.4%」
7位 「おせち料理を作る…47人 11.4%」
8位 「日帰りで近場に出かける…39人 9.5%」
9位 「特にない…28人  6.8%」
10位 「オンラインイベントに参加する…18人  4.4%」
11位 「その他…13人  3.2%」
12位 「1泊2日以上の旅行…7人  1.7%」
(回答期間:2020年12/10~12/16)

1位の「自宅でゆっくり過ごす」はほとんどの人が挙げている過ごし方で、前述の通り今年の特徴的な過ごし方と言えます。
その「過ごし方」の中身は2位以下に細分化されています。それぞれについて過ごし方の工夫などユーザーからのコメントを紹介しましょう。

まず2位の「家でドラマ・映画鑑賞」については、
・「VODを契約したので、映画・ドラマ三昧で過ごします。そのためにも部屋をきれいに片付けて気分よく映画に浸りたいです」(45歳・山梨県)
・「子ども向けコンテンツが充実した配信サービスを契約したい」(35歳・千葉県)
などVOD(ビデオ・オン・デマンド)需要の高まりが感じられます。

次に3位の「食費にお金をかける」には、実に多くのコメントが寄せられました。

家族でお家ライフを漫喫するために、食費は奮発気味

・「いつもより少しだけお金をかけて美味しいものを買って自宅で食べたい」(49歳・北海道)
・「おせちを取り寄せた!いつもより少し豪華なお正月になりそう」(37歳・京都府)
・「家族内パーティー、タコパ、鍋パ、いつもは入れない具材を入れてみます」(41歳・神奈川県)
・「オーブンレンジを買ったのでお菓子作りを極めたい」(30歳・岩手県)
・「圧力鍋を買ったので、色々レシピを試してみるつもりです」(31歳・愛知県)
など、調理家電にお金をかける方も。

また、純粋な「食費」とは異なりますが
・「少しでも華やかな気分になるために、食卓に花を飾ってみたりするのもいいなと思っています」(45歳・千葉県)
などの意見も。おうち時間を彩る「花の定期便」の最近の人気にもつながっていそうですね。

6位の「ゲーム」については、ゲーム機だけではなく家族で楽しめるようなボードゲームやカードゲームを挙げる人も多くいました。

大人も子どもも夢中になって

・「家族ですごろくやトランプのゲーム大会をする。あらかじめ、ちょっとした商品としておやつや小物を用意しておく」(35歳・千葉県)
・「久々の『人生ゲーム』…私が楽しみです(笑)」(33歳・神奈川県)

10位「オンラインイベント」は、まさに今年ならでは。

主婦が年末年始、オンラインでしてみたいこととは…

コロナ禍でメジャーとなった「オンライン〇〇」。年末年始にオンラインでしてみたいことについても聞いてみました。

【年末年始、オンラインでやってみたいことはありますか?】

年末年始、オンラインでやってみたいこと(決まっていることでも可)はありますか?


1位 「オンラインショッピング…106人 25.7%」
2位 「オンラインコンサート・ライブ…78人 18.9%」
3位 「オンライン飲み会…51人 12.4%」
4位 「オンライン帰省…50人 12.1%」
5位 「オンライン学習…36人 8.7%」
6位 「オンラインセミナーに参加…33人 8%」
7位 「ゲームで友人知人などとオンラインで遊ぶ…25人 6.1%」
8位 「オンライン厄除け…22人 5.5%」
(回答期間:2020年12/10~12/16)

オンラインショッピングやオンライン飲み会、オンラインライブなどのほかに気になるのは「オンライン厄除け」。いろいろなところでサービスを開始しているようでじわじわ浸透してきている様子。

「年末年始、こんなオンラインサービスがあったらやりたい!」というユーザーからのコメントもご紹介します。
・「全国の有名な神社をオンラインでまわることができたらいいと思う」(48歳・富山県)
・「初詣のときに楽しみにしている『おみくじ』がオンラインでできたら嬉しい」(41歳・千葉県)
・「オンラインで、子ども向けなぞなぞ大会」(39才・東京都)

今年はじめは急なコロナ禍で不安が尽きなかった子育て世代たちも、1年でたくましく環境の変化に順応してきています。不自由な中でも、自宅で過ごすことがだんだんと上手になっているように感じられます。やりたいことを我慢したり、代替手段を探すことは年末年始の後も続きますが、心折れることなく次の一年を過ごしていきたいものですね。

「レタスクラブ」2020~2021年の年末年始の過ごし方についてのアンケート調査より(12/10~12/16実施)

文=鈴木 舞

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //