忙しくても大丈夫!小物使いと一輪挿しですぐに実現する「おうちに季節のある暮らし」(画像23/24)

#くらし 
bar_01
bar_01
  • 部屋を飾る時間も空間もない!という人でもすぐに実現する、「おうちに季節のある暮らし」の簡単アイディアを教えてもらいました!
  • 教えてくれたのは▷七尾亜紀子さん/整理収納アドバイザー
  • 「『壁、飾り』などと具体的なワードで検索をし、気になる画像を集めても。自分の好みの傾向が分かると、飾るセンスもアップしますよ!」と七尾さん。
  • チェストなどの家具がなくても、大きな飾りを出す手間をかけずに、季節のイベントを楽しめたら、おうち時間がもっと潤います!
  • おうちにお花がある暮らしは憧れるけど、生けるセンスや気持ちの余裕がない人こそ必見。まずは1輪から、気軽に生けてみましょう!
  • 七尾さんはリビングの一角の壁に飾りエリアを設置。無印良品の「壁に付けられる家具・棚」を上下に並べて上部にフックを。
  • お気に入りの白熊の貯金箱は、季節に合わせて小物をチェンジ。春夏は麦わら帽子を、秋冬はニット帽とマフラーを。
  • こどもの日は木製の金太郎と熊の置物。お月見のミニ飾りは中川政七商店で購入。
  • 木製ツリー&華やかリースでクリスマス。お正月はポチ袋やしめ縄リースも一緒に。
  • 「ポストカードはコストも手間もかからず、季節の移ろいを楽しめます。気楽なプチ模様替え感覚で、いつも新鮮な気分です」と七尾さん。
  • 気に入ったポストカードはセットでファイリング。「ファイリングしておくと、すぐ入れ替えられて便利です」
  • 秋▷黄色など秋色でほっこりした絵柄に。
  • 冬▷冬は毛糸やお茶など、温かみを感じる絵柄をチョイス。
  • 定番の花瓶はキッチンカウンターやシンクまわりなど、身近な場所に置いて。せんていして余った小枝や葉っぱは豆皿に置くだけでもステキ。
  • フックやピンに掛けてつるす一輪挿しは、目線の高さで楽しめるところに飾るのがおすすめ。
  • 一輪挿しに飾りきれなかったお花は、ミルクポットなど別の容器を活用して飾って。
  • 七尾さんは壁にピンでつけられるインテリア性の高い木製の一輪挿しも活用。
  • 小さなグラスならダイニングテーブルに置いてもじゃまにならず、おしゃれなたたずまいに変身。
  • チューリップはくるくる寝かせて生けるのもおしゃれ。「フラワースタイリスト・平井かずみさんのワークショップで習ったアイディアです」と七尾さん。
  • ガラス瓶なら、色鮮やかな花びらがいろんな角度から楽しめます。
  • アジサイは大ぶりでダイナミックな美しさをまずは堪能。
  • 深皿に水を張り、色鮮やかながくだけを浮かべれば2段階で楽しめます。
  • bar_01
  • bar_02

おすすめ読みもの(PR)