【キャラ弁】ゴルゴ13顔のタラちゃん!? 愛しか感じない「夫への嫌がらせ弁当」
応用範囲の広すぎるテクニック、覚えておきたい! キャラ弁「夫への嫌がらせ弁当」(投稿者:hana*hana*さん)

レタスクラブニュース「投稿のレシピ」より

レタスクラブニュースにて募集していた、読者の皆様が作った「冬のキャラ弁祭り」。その中から素敵なキャラ弁をピックアップしてお届けするこのシリーズ、今回は一時期ブーム(?)となった「嫌がらせ弁当」をご紹介しましょう!


「嫌がらせ弁当」に「虐待弁当」。文字だけ見るとギョッとしてしまいそうですが、これらは思春期の子どもとのコミュニケーションツールとして、お母さんが一生懸命作った爆笑ネタ満載なキャラ弁のこと。作品をブログで発表していた作者自らそうネーミングし、話題を集めました。子どものランチタイムを盛り上げるという目的とは少~し趣が異なるこのジャンル、大人も楽しめるキャラ弁としてまだまだ需要があるのかも。


レタスクラブニュースのキャラ弁祭りにそんな「嫌がらせ弁当」を投稿してくれたのは、hana*hana*さん。ゴルゴ13(デューク東郷)顔のタラちゃんという強烈なキャラが語る「現実を受け入れろ!」の背景が、激しく気になります……!


「子どもへは可愛いお弁当。 主人へは、仕事中に「ぷっ」と笑ってもらえるようなシュールなお弁当です!」



<材料>ハム1枚、ライスペーパー1枚、食用色素

<作り方>

1.ハム1枚におさまる大きさのイラストをクリアファイルに挟み、表面を消毒する。その上にお湯で柔らかくしたライスペーパーを乗せ、食用色素をつけた筆で絵をなぞり描きする。

2.絵ができたらライスペーパーをそっとはがし、ハムの上へ乗せる(空気が入らないように注意)。

3.お弁当箱に詰めたごはんの上に2を置いて完成。

※絵が湯気でにじむケースがあるので、ごはんやおかずを冷ましてから乗せたほうがベター。


ここまで手間をかけるなんて、やっぱり「愛」! なんてことを、再確認させられます。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】