水より先に洗剤! なかなか落ちない靴下の泥汚れをきれいに落とすコツ
洗濯板を使う場合は、溝のカーブは下向きに。洗剤液がとどまりやすくなる。

暖かくなってくると、外でスポーツやアウトドアを楽しむ機会も増えてきます。そうすると衣服の泥汚れ、特に靴下のガンコな汚れの洗濯が多くなり、困っている人も多いのでは?

そこで、洗剤や日用品などの商品開発や材料開発など、30年以上にわたる研究生活の知識を洗濯ケアに生かす“お洗濯マイスター”、ライオンの山縣義文さんに泥汚れをきれいに落とすコツを3つ教えてもらいました。

<コツ1>

汚したその日じゅうに洗うこと。時間が経つほど泥と一緒についた皮脂が酸化して、汚れ落ちが悪くなります。

<コツ2>

前処理の順番に注意。泥をはたいた後すぐに水で濡らしてしまうと、泥が水と一緒に繊維の奥まで入り込んで落ちにくくなる。まずは水より先に洗剤をつけること。洗剤には繊維の表面から泥を引きはがす効果があるので、この順番は必須です!

<コツ3>

洗剤をつけたら水で軽く濡らしてもみ洗い。軽くすすいだら、ほかの洗濯物と一緒に洗濯機へ。

いつもの洗濯の手順をほんのちょっと見直すだけで、なかなか落ちなかった泥汚れがすっきり落ちるのでぜひトライしてみてください!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】