加齢と共に垂れる下腹…お腹をつかむ体操で「腹筋」を呼び覚まそう/あぶら身をごっそり落とす40代からのきくち体操(6)

#美容・健康 
40代に効果的な「お腹をつかむ」体操

『あぶら身をごっそり落とす40代からのきくち体操』6回【全8回】


丸い背中に、ぶよんと突き出た下腹…。たるたる体型の原因は、身体に必要な筋肉が痩せて「あぶら身」になっているから!そう提唱するのは、「きくち体操」でおなじみの菊池和子さん。菊池さんは「やせる身体」ではなく、「育てる身体」「変わる身体」で自身を見直し、現在87歳にして驚きの美と若さと健康を維持しています。

正しい姿勢&簡単な体操を続けることで、あぶら身に隠れてしまった筋肉を復活!キュッと引き締まった若見えボディを目指しましょう。

シリーズ累計100万部突破!その場で実践できる簡単体操が大好評!菊池和子著『40代から始めよう! あぶら身をごっそり落とすきくち体操』から「加齢と共に垂れる下腹…お腹をつかむ体操で『腹筋』を呼び覚まそう」をお送りします。

※本作品は菊池和子著の書籍『40代から始めよう! あぶら身をごっそり落とすきくち体操』から一部抜粋・編集しました

 【画像を見る】あぶらみちゃん(左)と菊池和子先生

あぶらみちゃん(左)

菊池和子先生の一番弟子であるブタの妖精。日本の、特に若い女性たちの衰えを本気で心配している。気になる女子にグイグイ声をかけて日々指導にあたる。シッポとまつげにおしゃれ魂をぶつける。

下腹が年々たるんで厚みを増していきます


下腹が年々たるんで厚みを増していきます


★主人公・みー:もともと下腹には自信がないタイプでしたが、40代に突入したとたん、さらにたるんで、リアルに鏡もち状態になってしまったんです。手のひらでめいっぱいつかんでもあふれるぐらい…。うぅ…。

●あぶらみちゃん:腹筋が衰えてきたのね。そもそも腹筋の役目は、前側から背骨を支え、骨の代わりに内臓を守ること。ここが弱っている体って、どういう状態だと思う?

★みー:……腰が曲がって、内臓が働きにくい状態…。

●あぶらみちゃん:ご名答。腹筋を育てれば、姿勢がよくなって、動作がスムーズになるわ。すると、あぶら身と化していた全身の筋肉が育つから、代謝も上がる。内臓も本来の働きを取り戻すから、不調も自然と改善していくわよ。

★みー:単に、引き締まったお腹になるだけじゃないんですね。

●あぶらみちゃん:まずは、まんべんなくムギューッとつかんで、眠っていた腹筋を呼び覚ますことがとても有効よ。

★みー:うがー! やっぱり、あぶら身が憎らしいほどつかめます!

●あぶらみちゃん:憎んだり「これを落としたい」と思うのではなくて、「これが私のお腹!」としっかり感じ取ることが大切。腹筋は〝鍛える〞のではなく、どれだけ〝意識〞できるかがカギだからね。自分自身のガードルだから、生涯ちゃんと育てていくのよ。

40代に効果的な体操▶お腹をつかむ


1 足を肩幅に開いてしっかり立ち、少し前かがみになってお腹を見る。

2 それぞれの部位を深く、場所を変えながら何度もつかむ。


◎POINT

ひざを伸ばす

足裏全体を使ってしっかり立つ

【部位ごとのつかみ方】

まずはまんべんなくお腹をムギューッとつかんで、眠っていた腹筋を呼び覚まそう!


この「ムギュ~ッ」を筋肉に変えるのよ!


・胃…両手でおへその上、胃のあたりをつかむ。

・下腹…おへその下から脚の付け根までを、手の位置を変えながら何度もつかむ。

・わき腹…ウエストに手を当て、ろっ骨と骨盤の間をつかむ。

・ウエスト後ろ…背すじを伸ばし、ウエストの後ろ側をつかむ。


◎アドバイス

手で自分のお腹を感じることが、下腹スッキリの第一歩!この「ムギュ〜ッ」を筋肉に変えるのよ!

40代に効果的な体操▶あお向け左右の脚上げ


40代に突入したとたんリアルに鏡もち状態になってしまったお腹をスッキリさせる体操


1 あお向けになり、腕を横に広げて手の平を下にし、指をしっかり開く。

2 ひざを伸ばし、腹筋の力で両脚を上げる。

3 腹筋の力で片脚を床上までゆっくり下げる。

4 左右交互に行う。


◎POINT

ひざを伸ばす

腰を床に押しつける

腹筋を意識して引く


◎アドバイス

コラコラ反動を使わない!腹筋と下半身のつながりを感じ取るのよ!

監修=菊池和子、マンガ=熊野チコ/『40代から始めよう! あぶら身をごっそり落とすきくち体操』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //