少ない材料でオシャレごはん! じゃがいもとハムで作る「ハムガレット」

#食 

比較的長期間の保存ができて、価格も安価で重宝する玉ねぎやじゃがいも、にんじん。これらの野菜をうまく使いこなせるか否かで、食費が大きく変わってきますよね。

でも、何となく地味でおしゃれ感が出しづらい食材でもあります。こうしたお得食材で、簡単に気の利いたごはんが作れたら、食費を抑えつつ食卓が華やかになるはず!

そこで気になったのが、『3分クッキング』9月号の特集「困った時は じゃが芋と玉ねぎで何とかする!」に掲載されていた「ハムガレット」。主な食材はじゃがいもとハムだけなのに、フライパン1つで作れて、カフェごはんのような魅力があります。ボリュームもあるので、家族で食べるのにもちょうど良さそう! 早速作ってみることにしました。

シンプルにじゃが芋のおいしさを味わう
「ハムガレット」

シンプルにじゃが芋のおいしさを味わう「ハムガレット」

材料(4人分)
じゃが芋…4個(600g)
(塩小さじ1/2 こしょう少々)
ロースハム…6枚
パセリのみじん切り…適量
●オリーブ油

作り方
1 じゃが芋は皮をむいてスライサーなどでせん切りにし(水にさらさない)、塩、こしょうを混ぜる。

2 フライパン(直径24cm)にオリーブ油大さじ2を入れて熱し、じゃが芋の半量を広げ入れる。ハムを中央にのせ、残りのじゃが芋を上に広げ入れる。

3 ときどきフライ返しで押さえながらこんがりとするまで4分ほど焼く。返して、フライパンの縁からオリーブ油大さじ1を足し、弱めの中火で同様にして6分ほど焼く。器に盛り、パセリをふる。

* * *

カリッと香ばしい表面ともちもちとした内側、と場所によって違う食感が楽しめ、ペロッと食べきってしまいます。中にハムが入っているのも嬉しいポイント。テーブルに出した時の家族の反応の良さに、私も思わずテンションが上がっちゃいました! これが嫌いな人はなかなかいないのではないでしょうか。ハムの代わりにスモークサーモンを使ってもおいしいとのことなので、次回はスモークサーモンで作ってみようと思います。

調理、文=月乃雫

この記事に共感したら

Information

困ったときはじゃが芋と玉ねぎで何とかする!
大特集は「困ったときはじゃが芋と玉ねぎで何とかする!」。いつも家に常備してあるじゃが芋と玉ねぎの調理バリエーションを徹底紹介します。肉や魚と組み合わせて、ホッとする定番も、意外な味わいも、和洋中も思いのまま。2大定番野菜の優秀さに改めて気づくはずです。
第2特集は「電子レンジで王道おかず」。レンチン1回で、煮ものも照り焼きもから揚げもできてしまう、驚きのレシピをお届けします。
好評連載「飛田和緒さんのひだめしの素」は「しめじのオイル煮」、「Mizukiのやみつき懐かしスイーツ」は「オールドファッションドーナッツ」です。

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //