「綺麗ですねぇ」二人で満月を眺める静かな夜/煙と蜜(5)

#趣味 
ある秋の夜、綺麗な月を眺めながら

『煙と蜜』5回【全8回】

12歳の花塚姫子、30歳の土屋文治…二人の関係は「許婚(いいなずけ)」。頑張り屋で純粋な姫子は、ふと文治との距離が近づくだけで赤面! 一方の文治は姫子に対して真摯に向き合い、その成長を温かく見守ります。大正時代の名古屋を舞台に、18の歳の差を超えてゆっくりと育まれる愛の行方は――。

『ルドルフ・ターキー』でアメリカ黄金期を活写した長蔵ヒロコの最新作『煙と蜜』(KADOKAWA)を8回連載でお送りします。今回は第5回です。

※本作品は長蔵ヒロコ著の書籍『煙と蜜』から一部抜粋・編集しました

【画像を見る】名古屋のお団子

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //