「小遣い3千円もあげたのに俺の時間まで奪われた」夫は事あるごとに嫌味を投げかけて…/夫婦を続ける自信がない(10)

#趣味 
俺の仕事時間まで奪われちゃったな~

『夫婦を続ける自信がない』10回【全10回】


好きで結婚したはずなのに…。一緒に過ごす時間が増えるにつれて、パートナーの言動にイラっとしたり、疑問を感じたりすることはありませんか?

ゆむいさんの『夫婦を続ける自信がない』では、お互いが不満を抱えながらも、噛み合わない生活を続ける夫婦、ナオとかな子の日常が描かれています。
妊娠を機にやりがいのあった仕事を辞めたかな子は専業主婦に。小さな子どもを抱えながら、すべての家事をこなすことで毎日ぐったり…。
一方のナオは、妻子を養うため仕事に必死。「仕事に出ている自分の方が大変」そんな思い込みのあるナオは、「子どもも生まれて充分幸せなのに なんでそんなに愚痴ばっかり言うの?」とかな子に心無い言葉をかけてしまいます。

「一番近くにいる人と価値観が合わないかもしれない…」そんな時に、どう折り合いをつけていくべきか…。実際の主婦たちの声を集めリアルすぎる日常を詰め込んだという『夫婦を続ける自信がない』から、「『小遣い3千円もあげたのに俺の時間まで奪われた』夫は事あるごとに嫌味を投げかけて…」をお送りします。

※本作品はゆむい著の書籍『夫婦を続ける自信がない』から一部抜粋・編集しました

あなたの協力が必要なんだ

仕方ないじゃん仕事残して来たんだから

さっきはすごく頼もしかったのに!

パパ会社に帰るの?

やっぱりナオくんの協力が必要なの

うちはまだ大丈夫なのかな…?


「子育てをしていくうえであなたが必要」と気持ちをしっかり打ち明けることで相手が向き合おうと思ってくれたなら…。どんな状況にあっても、夫婦として、そして子を育てるパートナーとして、しっかり話し合ってお互いの気持ちに寄り添える関係でいたいですよね。


著=ゆむい/『夫婦をつづける自信がない』(竹書房)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)