誰にでも依存症になる危険性が…人生が一度めちゃめちゃになったアルコール依存症OL・かどなしまるさんが今思うこと

#趣味 
私はアルコール依存症だ


新卒で入った会社で人間関係に悩まされた会社員が、自分を奮い立たせるように出勤前にお酒を飲むように。やがてそれは毎日の習慣となって、抜け出すことができなくなっていく…。普通の会社員がアルコール依存症になった体験をリアルにつづったコミックエッセイ『人生が一度めちゃめちゃになったアルコール依存症OLの話』。10月29日に書籍として発売されることを受け、著者のかどなしまるさんに当時の心境を振り返っていただきました。

妹・もるさんの婚約を機に、自身も婚活に励むことにしたかどなしまるさん。婚活パーティでお相手となるユウキさんと出会い、2人は付き合うことになりましたが…。

しらふの自分よりお酒に酔った自分のことを信頼していた


人生初の恋人ができました

行動範囲が広がった!

まさに遅れてきた青春

しかし幸せに慣れると…

デートの前に飲酒するように

飲酒への思考がストップ!


ーー恋人と順調にお付き合いをしていたのに、再びお酒で失敗してしまいます。いい感じに事が進んでいたのにお酒に戻ってしまったのはなぜでしょうか?

かどなしまる:しらふの自分よりお酒に酔った自分のほうを信頼していたんですね。実際、しらふの自分は緊張してオロオロしてばかりなのに対して、酔っている自分のほうが物事を楽しむ能力があるんですよ。酔ったときは冗談も言えたりするので、そっちのほうが恋人にも楽しんでもらえるだろうという気持ちがありました。

恋人よりお酒を選んだの!?

アンタは立派なアルコール依存症だよ

お酒のことでアンタを信じることは一生ない

本当は自分が一番わかってるんじゃないの?

もう一生お酒のことで自分を信じちゃだめだ

お酒に対して人並みの感覚を失っている

ーーアルコール依存症を認めることから少しずつ好転していく様子が描かれていますね。

かどなしまる:アルコール依存性というと、焼酎とかの強いお酒を一日中飲んでいるようなイメージで、私レベルの飲み方では依存症とまでは言えないとずっと思っていました。でもそれって自分がアルコール依存症だと受け止める勇気がなかっただけなんですね。お酒のせいで社会生活を破綻させて、人間関係もめちゃくちゃにしているのに。自分でも本当はわかっていながら無視し続けていたことだったので、まずはそこを認めることにしました。認めた視点から物事を見ると、解決方法がちょっとずつ見えてきたんです。

日常的に「緩む」ことを意識してお酒に頼らない生活を


お酒を飲む日をコントロール

本当に必要な飲酒なのか考えるように

お酒を飲まない週を作れたらご褒美


ーー現在のかどなしまるさんはどう過ごされていらっしゃいますか?

かどなしまる:ブログのネタで「100日間禁酒してみる」という企画をやっていて、今日で90日間お酒を飲んでいないです。そんなふうにブログで発信することで自分自身をコントロールできている部分もありますね。企画をやっていないときでも、お酒は楽しい場面で飲むくらいです。ネガティヴな気分を転換するために飲むというのはもうほとんどしていません。

お酒に全面的に依存した結果…

人生がめちゃくちゃになった

大切なものはなにか自問自答しています

お酒で人生ズッコケないよう模索中です

ーーアルコールに依存してしまう背景にあったかどなしまるさんの「過緊張」という性質。この「過緊張」と今はどうやって向き合っていますか?

かどなしまる:「緩む」ことを意識しています。肉体の方は、ヨガに通って力を抜く練習をしたり、深呼吸してリラックスしたり。頭の方は、小説が好きなので、物語の世界に入り込んで現実と距離を置く時間を意識的に多く作るようにしています。おかげで今は、スーパーのレジも10回に9回は緊張せずに自然に並べるようになりました(笑)。以前よりもずっと力の抜けた生き方ができるようになってきたと感じています。

ーー最後に、アルコール依存症に悩む人にメッセージをお願いします。

かどなしまる:アルコール依存性なんて自分には関係ないと思っている人も多いですが、「駅のトイレでお酒を飲んじゃう平凡なOLもいるくらい身近な病気なんですよ」ということを私の経験からお伝えしたいです。アルコール依存性は自分だけでは解決できない問題だと思うので、身近な人に相談したり、専門の機関に頼ったりして、周囲に助けを求めることも大切だと思います。


妹や恋人、友人や新しい職場の人たちに支えられながら、お酒との付き合い方を変えていくことができたというかどなしまるさん。現在は、飲んだ後に「後悔」ではなく「楽しさ」が残る飲み方をするようにしているのだそう。
お酒との付き合い方について深く考えさせられる本書。アルコール依存症が身近な問題であることを改めて気付かされます。

取材・文=宇都宮 薫

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //