「死にたい…」酔って口走ったママ友の言葉。あれは本音だったの?/消えたママ友(6)

#くらし 
死にたい…

消えたママ友 6話

なんでも話せる友達だと思っていたのに…、私たち何も知らなかったよ。

保育園のママ友として仲良くなった有紀ちゃん。優しい旦那さんや協力的なお姑さんとともに、息子のツバサ君を保育園に通わせながらいきいきと働く姿は、誰が見ても幸せそのもの。そんな有紀ちゃんがある日突然姿を消した。保育園のママたちの間では、男を作って逃げたという噂で持ちきりになっていて…。

『離婚してもいいですか』『ママ友がこわい』で知られる野原広子さんが描く『消えたママ友』。平凡な朝の登園時間に突然知らされた有紀ちゃんの失踪。なんで?どうして?異常事態が飲み込めないままパートとお迎えを終え帰宅した主人公の春香。夫に打ち明けるも、仲良しだった彼女のことを何も知らない自分にショックが隠せません。なかなか寝付けずにリビングに戻ると、そこには仕事に疲れ酔い潰れた夫の姿が。夫の愚痴を聞いているうちに、失踪前の彼女とのやり取りがふと浮かんできて…。
1人のママ友の失踪を機に、仲良しだったはずのママ友たちの関係がほころび始める様子、仕事と育児のバランスに揺れ動く母親たちの心の闇が垣間見えるエピソードをお送りします。

※本作品は野原広子著の書籍『消えたママ友』から一部抜粋・編集しました

◆いつかの有紀ちゃん

この記事に共感したら

Information




▼大人気漫画を無料で試し読み!連載まとめ一覧▼

他の無料試し読み作品

▼「コミックエッセイ」Instagramはじめました!▼
インスタ


おすすめ読みもの(PR)