周囲と共に歩むことに開運のコツ/2022年「一白水星」の人の運勢

#くらし 
2022年は一歩の歩幅を小さくし、着実に歩むことを考えたい


新型コロナウイルス感染拡大や、緊急事態宣言の中のオリンピック・パラリンピック開催など、激動の日々だった2021年。
変化し続ける状況と先の見えない不安に気持ちが揺れ動く日々を過ごした人も多いのではないでしょうか。

来る2022年に向けて、どんな心持ちで備えれば良いのかを、「社会運勢学」の第一人者・村山幸徳先生の『展望と開運2022』から読み解いていきましょう。
2022年のバイオリズムと家庭運を中心にご紹介いたします。

生まれ年から本命星を探す

生まれ年から本命星を探す

個人の運勢(下の記事)は、自分の生まれ年に巡っていた九星の本命星で見ます。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。


「一白水星」2022年のバイオリズム

一白水星の2022年のバイオリズム

年間を通じて運勢は高まりを見せない。しかし、モヤモヤや苦しさは秋を境にして切り替わる。中秋を迎える頃から運勢は徐々に強さを取り戻し、心にも明るさが戻ってくる。坎入(かんにゅう)でつらさが厳しい一年ではあるが、実質的には半年の我慢で済む。年が明ければ自然と大股で歩ける日々が戻ってくるから、2022年は一歩の歩幅を小さくし、着実に歩むことを考えたい。

周囲と共に歩むことに開運のコツがある。周りをお世話しつつ、いつの間にか想像もしない世界の扉を開く奇跡を体感してほしい。

「一白水星」家庭と健康

二〇二二年、最も避けるべきは、家族、特に夫婦間の溝が深まることだ。仕事も困難で、家庭内も冷たい空気が漂う。そんな日々であれば、生きる活力も湧いてこない。

こうした事態を避けるためには、まずは一白水星が心をオープンな状態に保つことが必要となる。家族だけには自身の情けないところも全部さらけ出してしまったらいい。会話が難しいのであれば、共通の趣味を楽しむでもいいし、映画館に出かけ二人で思い切り涙を流すのもいいだろう。意義あることをしなければならないという概念を捨て去ろう。二人の体温を感じることができさえすれば、何をしてもよい。

健康面でも要注意の一年だと言える。風邪が治ったと思ったら今度は蕁麻疹(じんましん)ができたり。腎盂(じんう)腎炎になったと思ったら、今度は中耳炎になったり。とにかく身体的に困難が重なることだろう。何とも理不尽な思いになるが、こうした病気にならない限り、一白水星は活動を止めることがない。「少し止まれ」という宇宙の意志だと受け取ることだ。

停滞の中でしか見えない自身の内面がある。ここまで数年間、激動の中で生活を送ってきたのだから、こうした坎入による停滞感を活用し、一度、自身の内面の点検をしてみよう。禅寺を訪れ、静かに坐(すわ)るのも悪くない。オイルトリートメントを受けつつ、自身の身体に感謝を語りかけるのもいい。また、腎臓や膵臓(すいぞう)に癌(がん)ができれば進行は速い。いつもの健康診断にプラスαしてチェックしておくべきだろう。

著=村山幸徳/『展望と開運2022』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //