前半のスタートダッシュが必須/2022年「九紫火星」の人の運勢

#くらし 
前半の運勢は高い状態を保ったまま推移する


新型コロナウイルス感染拡大や、緊急事態宣言の中のオリンピック・パラリンピック開催など、激動の日々だった2021年。
変化し続ける状況と先の見えない不安に気持ちが揺れ動く日々を過ごした人も多いのではないでしょうか。

来る2022年に向けて、どんな心持ちで備えれば良いのかを、「社会運勢学」の第一人者・村山幸徳先生の『展望と開運2022』から読み解いていきましょう。
2022年のバイオリズムと家庭運を中心にご紹介いたします。

生まれ年から本命星を探す

生まれ年から本命星を探す

個人の運勢(下の記事)は、自分の生まれ年に巡っていた九星の本命星で見ます。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。


「九紫火星」2022年のバイオリズム

九紫火星の2022年のバイオリズム

前半の運勢は高い状態を保ったまま推移する。自己の運勢と環境の状態が離れず、思い通りに物事が進む。

ただし、梅雨の頃になると運勢は低下を始め、2023年の坎入(かんにゅう)の足音が聞こえてくる。

だからこそ、2022年は前半のスタートダッシュが必須事項となる。年始と同時に、一気にかけ始める瞬発力が欲しい。秋以降、運勢は落ち込み気味だが、立冬から年末にかけては、もう一段の盛り上がりを見せる。執念の星、九紫火星の底力を発揮するタイミングだ。

「九紫火星」家庭と健康

二〇二一年は一人で過ごす時間が多かったと思う。仕事帰りにカフェで物思いにふけったり、出張や旅行に一人で出かけ、数日間家を留守にしたり。こうしたことを九紫火星は「当たり前」と考えがちだけど、そうした時間をつくり出すために周囲は多くの努力と協力をしてくれていた。

とりわけ寂しい思いをさせられたのは家族であり、二〇二二年はその家族からもらった恩を返す一年だと考えたい。時には夫婦水入らずで旅行したり、美術館に出かけるなど素晴らしいと思う。瑞々(みずみず)しい二人が戻ってくることになりそうだ。絆(きずな)を取り戻すには最適な一年なのだから、この短い一年を存分に楽しむように。ここで夫婦の関係が崩れると、来年の坎入が一層苦しさを増すことになる。また、二〇二二年の離婚はオススメできない。少し時間を置こう。

健康面では循環器障害に注意をしておこう。また精神的な病にも注意。不眠症も生じやすいと思う。疲れを感じたら、早めに受診をすることだ。貧血などは気合で何とかなるものではない。食生活の改善で良くなるものもあるけれど、それ以前の問題の場合もある。また、合併症の場合もあるから、この際、真剣に治療を開始することだ。

また、九紫火星は非常に我慢強いところがある。無理して何日も徹夜をしたりして、周囲が驚くような成果を上げることもあるけれど、そうした無理が常態化しないようにしたい。週に一度、少なくとも月に二日は完全にオフの日をつくり、身体を休息させる時間をつくること。目を使えば脳は休まらない。家族との対話と睡眠に時間を充てるように。

著=村山幸徳/『展望と開運2022』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //