家飲みのおともに… バルの味を自宅のフライパンで再現「たことエリンギのアヒージョ風」

#食 
「たことエリンギのアヒージョ風」

11月22日は「いい夫婦の日」。仕事、家事、育児…と日ごろから頑張っているお互いをねぎらって、夫婦でのんびりワインでも用意して乾杯するのもいいかもしれません♪ おつまみを作るなら、手間のかからないアヒージョなんていかがでしょう。バルの味を再現するなら「たことエリンギのアヒージョ風」。風味豊かなあの味わいが、家でいつも使っているフライパンで作れます。ゆでだこと火の通りが早いエリンギを使えば、さっと煮込む程度で大丈夫。アンチョビーの旨みを加えると、本格派の味わいに。

たことエリンギのアヒージョ風

【材料・4人分】
ゆでだこの足…300g、アンチョビー…5枚、エリンギ…4〜5本、赤とうがらし…1本、にんにくの薄切り…1片分、塩、こしょう、オリーブ油

【作り方】
1.エリンギは一口大の乱切りにする。とうがらしは半分に切って種を除く。たこは一口大のぶつ切りにする。アンチョビーは包丁でたたいて細かくする。

2.フライパンに1、にんにくを入れ、塩、こしょう各少々をふる。オリーブ油130mlを回しかけ、ふたをして弱めの中火にかける。ふつふつとしたら全体を混ぜ、さらに約2分煮る。好みでパセリ(ドライ)をふっても。
(1人分389kcalm、塩分1.1g 調理/柳澤英子 栄養計算/スタジオ食)

煮込んだ具材はもちろん、素材の旨みが溶け出したオイルも絶品! バゲットを添えてしみ込ませながらオイルのおいしさを堪能してみてください。

せっかくなら先日解禁されたばかりのボジョレー・ヌーヴォを用意してもいいかも♪ 新酒ならではのフレッシュな味わいに、熱々のアヒージョが抜群に合いますよ。

文=齋藤久美子

この記事に共感したら

Information

レシピ関連はここから

詳しいレシピはこちら!


ほかにもいろいろ!「アヒージョ」のレシピ

■レンジで完成!ボリューム肉レシピ特集はこちら


これもレンジでできちゃうの⁉驚き満載のレンチン肉レシピ

■毎日食べたい鍋特集はこちら


“体ぽかぽか、栄養満点!好みに合わせて選べる鍋レシピいろいろ”






おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //