「ふたり目は?女には期限があるのよ」義母から電話で言われて/女はいつまで女ですか?莉子の結論(17)

#趣味 

ふたり目…か

私は女として瀬戸際にいる

今更子どもを作るなんて


夫からは「女扱い」されなくなったことを感じ、友人からも「女として本気出さないとやばい」と指摘され、さらには義母からは「期限がある」と言われ傷つく主人公。私、このままでいいの?とモヤモヤ…。たくさんの不安が重なってしまったものの、「夫婦」で歩み寄る姿勢があれば乗り越えていけると思うのですが、日常に忙殺されるあまり、話し合いや向き合う時間をしばらく持てないと、そのきっかけさえ見つけ出すことが難しそうです。
もとは他人の「夫婦」。すれ違いが重なると修復不可能になることも…。お互い寄り添う気持ちは持っていたいですよね。

著=上野りゅうじん/『女はいつまで女ですか?莉子の結論』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)