贈り物上手さんに聞く!「セレクトの基準」と「もらってうれしかったもの」

#くらし 

永岡美夏さんが心がけていること

1.相手のセンスを熟知していない場合は、消え物をチョイス。

2.消え物の場合、パッケージがかわいいものを選びます。もらった瞬間もうれしいし、箱や缶ならあとあとまで活用できるので。

小物入れにもなる

バスソルト ザクロ¥7,700/サンタ・マリア・ノヴェッラ銀座 


3.カードを必ず添えます。

カードを選ぶのも楽しい

カード類を日頃からこまめに買い集めるのが趣味。カードを選ぶのも楽しい。


4.セレクト時は過去の会話を思い浮かべます。エピソードからヒントを得ることも。

5.可能なら、複数人で頭割りして少し高価なものを贈ります。1人でほどほどなものを贈るより喜ばれるはず!

▷私の贈り物リスト

□パーソナルトレーナーの体験レッスン
「トレーニングを始めたい」といいつつ腰が重い友人に、お世話になったお礼で。今ではしっかり通っているようです。

□靴下・肌着
オーガニックブランド、BOODYの肌着は肌触りが最高。1000円台で箱入りなのもうれしい。

靴下・肌着

キャミソール¥1,980/BOODY


□絵本
疲れていそうな友人に、絵本を。「大人の今だからこそ、しみた」といわれました。

絵本

『絵本で出会う 星の王子さま』¥1,320/ひさかたチャイルド [電]03(3813)7726


□お箸セット
好みが分かれる食器ではなく、結婚祝には縁起物のお箸をペアで。


▷もらってうれしかったもの

● 自分では買わないような、高価なお茶。

● レンタルでは出ていないドラマのDVD BOX。値段的になかなか買えないと思っていましたが、数人で贈ってくれました。

● シルクの高級マスク。品よくおしゃれに見えます。


次ページ:料理研究家本多理恵子さんが贈り物をする際にこころがけていること(3/3)

この記事に共感したら

Information

<レタスクラブ’21年12月号より>




雑誌情報はこちら


▼『レタスクラブ ’21 12月号』情報はこちらから▼

殿堂入り時短レシピランキング/年末年始の洋副菜和副菜/買ってきた料理を100均アイテムで高見せする盛りつけテク/風邪やインフルエンザに負けない!ご機嫌に冬を乗り切る習慣/チャレンジ ことしは、ほぼこすらない大掃除/

おすすめ読みもの(PR)