これ、なんのためについてるの? 急須の先についているビニールキャップの役目/子どもに話したい雑学(22)

#趣味 
急須の先のビニールキャップは何のためにある?

『頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学』22回


子どもに今すぐ話したい「タメになるうんちく」!

「一晩置いたカレーがおいしくなるのはなぜ?」「ポン酢のポンってなに?」
これ、答えられますか?

「子どもにすごいって思われたい」「日々のコミュニケーションの中で色んなことを教えてあげたい」そんな方に、わかりやすく、楽しみながら「タメになるうんちく」をご紹介。

それでは、学校では教わらないけれど子どもに話したい雑学を見ていきましょう!

※本記事は多湖輝監修の書籍『頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学』から一部抜粋・編集しました

急須の先についているビニールキャップの役目


お茶をいれる急須を買うと、注ぎ口にビニールキャップがついている。

このビニールキャップ、斜めに切られていることから、お茶を注ぎやすいようにわざわざつけられていると思っている人は多いだろう。しかしこれは、注ぎやすくするための工夫ではない。

2016年、三重県四日市市で深蒸し茶碗を販売する「お茶の川村園」が驚きの事実をツイッター上で明らかにした。「急須の注ぎ口のビニールキャップは、輸送中の破損防止のため」についているというのだ。

つまり、ビニールキャップはお茶を入れる際には、外して使うのが正解。つけたままでもしっかりと洗えば問題はないが、そのままお茶をいれ続けると、急須との隙間に水あかや茶渋がたまって不衛生だという。

監修=多湖 輝/「頭のいい子が育つ! 子どもに話したい雑学」(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //