単身赴任中のひとり育児。父と息子の約束は『風邪をひかないこと』!?/大久保嘉人 現役Jリーガー主夫(3)

#くらし 
男同士の約束

『俺は主夫。職業現役Jリーガー』3回【全6回】


2021年11月に引退を発表したサッカー界のレジェンド大久保嘉人さん。サッカー人生に終止符を打つ場所として選んだのは、プロとして一番最初に所属したチーム・セレッソ大阪でした。
2021年1月にセレッソ大阪に移籍が決まり、単身赴任での大阪入りをすぐさま決意。 「パパは大阪で一人で暮らすからね」と話をすると、三男の橙利君(9歳)がまさかの「パパについていきたい」と宣言する予想外の展開! 家族全員が仰天したものの、三男の決意は揺らがず、本当に息子を連れてのプロサッカー選手&主夫という二足のわらじ生活がスタートして――。

大久保嘉人著『俺は主夫。職業、現役Jリーガー』(講談社)から、「単身赴任中のひとり育児。父と息子の約束は『風邪をひかないこと』!?」を紹介します。

~~
セレッソ大阪に所属が決まり、単身・大阪へ行くつもりだった大久保選手。三男の橙利くんが「俺も行く」と言い出し家族は驚きます。最初は「やっぱりやめる」と言い出すのではと思っていた大久保夫妻ですが、三男の意志が固かったこともあり、その意志を受け入れることに。橙利くんは学校の年度も途中だった3月14日に大阪へー。
~~

※本作品は大久保嘉人著の書籍『俺は主夫。職業、現役Jリーガー』から一部抜粋・編集しました

男同士の約束「お前、絶対に風邪引くなよ」

男同士の約束

15年ぶりの大阪。知り合いも結構いて、よくしてくれる友人家族もいるとはいえ、基本的にはワンオペ。でかいケガもそうやけど、俺が体調崩したりしたら一気に回らなくなる。だからそれだけはマジで集中してる

橙利にも「おまえ、絶対風邪引くなよ。熱出すなよ」って最初のときに言った。「病院の連れて行き方、知らないからね」って。

父親になって16年経つけど、今まで子どもを病院に連れて行ったことなんてないし、なんもわからんから。「歯が痛くなっても歯医者連れて行かんからね。マジで俺、それはできんからね。歯はちゃんと磨けよ」って念押し(笑)。もう俺しかいないから

普段の生活は、午後練のときもあるけど、午前練のときは、例えば10時から練習だったら、橙利を8時前に学校へ送り出して、俺がその後、練習に行くって感じ。俺がケガしてるときとかは、練習後に治療をしたりしていつもより帰りが遅くなる。橙利は学校から帰ってきて、サッカーの練習がある日は自分で準備して行って、練習から帰ってきたときには家に俺がおる、みたいな。

腹が減ると思うから、一応コンビニでおにぎりとかは買っておいて、「腹減ったら食べろよ」ってテーブルの上に置いておく。はい、だいたい食べてないですけど。でもサッカーから帰ってきたら「腹減った、腹減った」って言うんよね。「だから食って行けって、学校行く前に言ったやろ。お前が悪い」って言ってます。

橙利のサッカーがなければ、夕飯は結構早い時間に食べる。17時半とか、早かったら17時とか。二人で店で食べるときとかでも、17時くらいなら人もほとんどいないし、パッと食って、18時前にはもう家に帰ってきてる。

寝るときは一緒。2段ベッドを買ったんやけど、下の段に一緒に寝てて、だいたい22時くらいに疲れて寝ちゃう。一緒に横になるけど、たいてい俺が先に寝てるな

2段ベッドは結構広くて、下はセミダブルくらいある。上は子ども用だから普通なんやけど、下は広いから二人でも大丈夫。横浜にいたときも、緑二(次男)と橙利と俺の三人で寝てた。

碧人(長男)は中3の最初くらいまで一緒に寝てたけど、さすがにもうでかいから、「おまえ、もうあっち行け」と、自分の部屋に戻しました。

一番下の紫由は莉瑛と寝てて、上の子たちは俺と。みんな、俺がいないと寝ないんすよ。暑いとヤバいっすけどね。子どもたち動きまくるし、俺にベタベタしてくるし。だから今も、寝ながら橙利を端っこに押してます(笑)

著=大久保嘉人/『俺は主夫。職業、現役Jリーガー』(講談社)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)